GUILTY GEAR -STRIVE- クローズドβの感想

βテストの抽選で当選したのでプレイしました。2D時代はほとんどCPU戦しかやってなくて前作も買ってますが全然やってないです。

 

・CPUの強さ

ほぼトレーニングモードと言ってよく棒立ちです。

 

・プレイ感

ギルティギアと言えばゲームスピードの速さですが今作はとても遅いです。ゲームスピードはグラブルVSに近いので、キャラのアニメーションを見せる事とプレイヤーがゲーム展開の早さに振り落とされないようにすることを両立しているのでしょうか。

 

・ダメージの高さ

コンボゲーといえば基本的なダメージが低く「難しいコンボが出来なければ相手を減らせない」という要素が強いですが、本作は基本的なダメージが高くてチェーンから必殺技で締めたただけの簡単なコンボで3~4割減ります。カウンターの要素もあるので読み合いに負けたらゴッソリ減ってしまうのが緊張感が出ますね。

 

・空中ダッシュの遅さ

アークのコンボゲーは空中ダッシュがお約束ですが、今作はワンテンポおいてから前に進むので今までのように多様できず対空で落とされやすくなってると思います。

 

・キャラ性能の変化

ソルの昇竜から追加技が出せなくなったり、コマンド投げから追撃できなくなっています。格ゲーのシリーズで技の増減はよくある事ですが今まで出来たことが露骨にできなくなってるのはデフレを感じますね。

 

・総括

「ゲームスピードの遅さ」と「一撃の重さ」に重点が置かれているので、今までのギルティファンに向けたもの・・・というよりはグラブルVSのプレーヤーがそのまま入り込めるような調整を目指しているように思いました。