体を楽にする方法まとめ

・自律神経

丹田呼吸法を日常的に行うことで呼吸を深くすると思考がスッキリして息が上がりにくくなります。そして自律訓練を朝晩行う事で精神的にリラックスでき、楽に入眠できます

 

・体のメンテナンス

けんこう体操を寝起きに行いリンパの流れを良くしてテレビ体操をする事で体の動きがスムーズになります。日常的に疲労は溜まっていくので寝る前にけんこう体操とストレッチをやると翌日の疲労が軽減されます。

 

・ストレッチポール

ストレッチポールの上に仰向けで乗れば日常生活で歪んだ姿勢の改善になります。1人でやるマッサージは背中に手が届かないので、ストレッチポールを使って背中に刺激を与えると腰痛の予防になります。

 

体幹レーニン

ムックを買って内容を実行することで筋トレのような負荷をかけなくても全身を満遍なく鍛えられます。体幹を鍛えることで日常生活で疲れる事が減り楽になります。

 

・筋力トレーニン

自重トレーニングは体幹がしっかりしていないと正しいフォームで行うのが難しく、無理をすると怪我の元になるので道具を使って軽い負荷を掛けて追い込んでいくのが手っ取り早いです。上半身ならハンドグリップ、クノンボール、ゴムチューブで簡単に追い込めます。下半身はウォーキングを競歩のフォームで日常的に15分以上行うか、縄跳びを15分すると有酸素運動で体力が付き下半身に負荷がかけられるので一石二鳥です。天候が悪い日はクノンボールで負荷をかけるのが効率がいいです。

 

・ウォーキング

日光を浴びて体内時計を整えるのと有酸素運動で体力を付けるのが目的です。競歩の動画を見てフォームを真似すれば足に余計な負荷をかけない動きでスムーズに長く歩くことができます。ウォーキングに慣れない内にランニングを行うと体への負荷が強すぎるのでオススメできません。

 

・食べ物

ウォーキングや筋トレをするとエネルギーが消費するので、栄養価が高くて安いさつまいもをレンジでチンして毎日食べるとコスパがいいです。