おねショタエロ漫画のキスシーンについて

一般向けの「小悪魔系JKなので小学生を誘惑してます」を読んでいたらやたらキスシーンが多かったのですが、今までおねショタのキスシーンについてあまり考えた事がなかったので振り返ります。一般向けのおねショタはラブコメエロコメかの違いがあると思いますが、ラブコメだとお姉さんの首から下の部分(おっぱいやお尻)に男の子が反応しないことで性的な描写を減らしてキスシーンを何度も入れる事で恋愛要素を強くしています。反対にエロコメだとお姉さんの首から下の部分を強調する事で見せ場を作り、男の子が反応することで恋愛要素を薄めて読者へのサービスシーンや笑いを演出していました。

 

おねショタエロ漫画の方は筆おろしものが多く全体的に恋愛要素が薄いので、キスシーンはロマンチックな使われ方をする方が稀です。キスシーンの使われ方で多いものはページの序盤で「お姉さんがいきなり男の子にキスをして男の子が動揺する」で恋愛関係を強める為のキスじゃなくてセックスの前戯としてのキスという感じですね。一般向けだと性行為をしないのでキスを最後の見せ場に持ってきますが、エロ漫画だとヒロインが大股を開いてイッちゃうシーンを見せるのが最後の見せ場なのでキスは前座というイメージが強いと思います。エロ漫画の最後でキスシーンを持ってきたのは「ずっとななみごろ」しか僕は記憶にないです。