肉体労働者はスポーツ選手と同じ

学生時代、部活動をやっている生徒に対して「授業後に部活動をして夜遅くまでやっているなんて同じ人間とは思えないほど体力があるな・・・」と驚愕していたものですが肉体労働者となった今では同じような生活を強いられました。学校の授業が終わってから遅くまで部活動をするのは労働で言えば残業ですし、休日に練習や試合に行くのは休日出勤と同じです。学生の部活動は無理なら辞めればいいですが、労働者の場合は辞めたら収入が途絶えるのでそうもいかない場合があります。肉体を酷使して収入を得るという意味では趣味でやっているスポーツマンよりスポーツ選手に近いです。

 

スポーツ選手がプロとして生き残って行く為に日々トレーニングを積んだり、肉体の疲労を回復させる為にマッサージやストレッチをし、精神的に潰れないようにメンタルトレーニングを行っているわけですが、肉体労働者も同じように心身を維持していかないと娑婆で生き残っていけないですね。肉体労働者でステップアップしている人は、日々の労働の負担に耐えながら資格を取る勉強をして昇格していくので肉体を維持するので精一杯な僕からすれば同じ人間とは思えません。