自己流トレーニング法

大原則

①早寝早起きで朝のテレビ体操は必ず行う

②本にトレーニングが「10回」と書いてあっても自分がキツいと思った回数で止める

③トレーニングよりもマッサージとストレッチに時間をかける

⑤全身的に疲労を感じたらトレーニングをしない

⑤水分はこまめに取る

 

①「1人でできるスポーツ&マッサージ」という本に載っているサイレントリセットとアクティブリセットを行う

②「器具を使わない 自重×体幹 深層筋を鍛える!」に載っている項目を体の負荷が軽くできそうなものを1つ1つに時間をかけず、できないものは飛ばして一通り行う

③プッシュアップバーを使った腕たせ伏せとチューブを使った腕のトレーニングを行う

④股割りを行う

⑤6時25から始まるテレビ体操を行う

⑥「1人でできるスポーツ&マッサージ」という本に載っているほぐすマッサージで手足の疲労を取る

⑦自律訓練の第一公式を行った後に5分禅を行う

 

①「1人でできるスポーツ&マッサージ」という本に載っているほぐすマッサージで手足の疲労を取る

②「1人でできるスポーツ&マッサージ」という本に載っているストレッチで体を伸ばして体を柔らかくする

③自律訓練の第一公式を行った後に5分禅を行う

④出来るだけ早く寝て朝にトレーニングをする