自己啓発のアンチテーゼとしての禅

Twitter自己啓発系ツイートとか本屋の自己啓発本の文章のパターンがだいたい「○○な考えの人は歪んでいる、損をしている」「○○な考えの人は優れている、得をしている」の繰り返しで劣等感を煽った上で正しい考えを押し付けるような感じになるわけですが、そう並行的にいくつも物を考えて実行できるのでしょうか。よほど意識が高い人間でもないと「劣っている自分」と「正解の人間になれない自分」で自己矛盾に陥りそうです。

 

仏教の禅は「考えない練習」をすることで精神を安定させます。こういう考え方をすれば正しい、楽になるという自己啓発とは真逆で固定概念を捨てる、思考を追わないという方向で情報社会とかけ離れたものだと言えます。精神・身体的な不調の原因が思考からくるものもあるので、禅で不調を食い止めるというのは理に適っているんじゃないかなと思います。俺のような型に嵌る事を苦痛に感じる人間は仏教の方が向いているという話でした。