ジオウの映画

ジオウ自体はそんなに好きじゃないですがドライブの扱いが気になったので映画を見てきました。まさか変身前も出てくる客演ライダーがマッハだけだとは・・・俺が見落としていなければ。ベルト博士とマッハが「出てくるだけ」でドライブ要素が全くないですがこれは・・・敵がドライブの歴史を消滅させる為にベルト博士の先祖を抹殺しに戦国時代に行き、ジオウ達もそれを追うという粗筋ですがただ時代劇のロケがやりたかっただけなのかドライブ要素が本当に無くて面食らいました。

 

そんなこんなでベルト博士の先祖の命を守ったソウゴが現代に戻り、ベルト博士からドライブのウォッチを貰ったので本当の意味で平成ライダーのウォッチが全部揃う訳ですが、ウォッチの関係でライダーの歴史も無くなってしまうというTVシリーズ序盤の設定が今更復活したのでベルト博士は消えマッハもライダーであった記憶が消滅します。・・・が後からいつのまにか記憶が戻ったマッハが再登場してソウゴを助け、なんだかんだでライダーに変身します。良くも悪くも俳優が顔出ししているゲストライダーはマッハだけなので「出番だけ」は優遇されていると思えばマシなのか・・・雑魚敵と戦ってるシーンを最後にそれから出てこなくなるのでソウゴたちとの別れのシーンはないので扱いが雑です。

 

序盤を戦国時代編に使ってしまったので、敵組織の描写が足りず、現代に戻ってきたソウゴ達の前に突然出てきて平成生まれの人間をひたすら殺す訳の分からない敵になっています。空からワームホールが出てきて人間が吸い込まれるとか、地球が別次元に送られて他の地球とぶつけるという描写はビルドのTVシリーズでやったので既視感が強すぎました。ソウゴが王である事を敵から否定されて悩むとか、ウォズがまた裏切るとかTVシリーズでやった事を繰り返してこれもビルドと同じようなループを感じます。

 

映画のグランドジオウは本当の意味でウォッチを揃えて変身したので強い筈なのに、敵にボコボコにされてまた新しいフォームを出すというのは予告されてなかったので驚きました。グランドジオウがライダーを呼び出す能力はディケイドのコンプリートフォームとかディエンドがやってて二番煎じ感があっただけに新しいフォームがライダーの力を借りずに単純に強いというのは良かったですね。

 

平成ライダーの映画でライダーは何度も大集合しているので今更集合しても目新しさも何もないのですが、制作側もそれを分かってるのかGやら漫画版クウガを出してきたのは驚きました。他局のノリダーを出したのは子供どころか20代も置いてけぼりで凄いですね。

 

予告で出していないサプライズ要素は面白かったのですが、いかんせん敵側に魅力がなく、主人公側の戦力はライダーがぞろぞろ出てきて強大になるのに敵側が出してくる戦力は雑魚が無尽蔵にわらわら湧いてくるだけなのでイマイチでした。ジオウとISSAの戦闘シーンが少なく、巨大化したISSAをオールライダーキックで仕留めるというのはライダーに満遍なく出番を与えるためとはいえしょうもない・・・

 

最後に令和ライダー最初のゼロワンの出番が、初っ端から出して「いつ客演するのか」という予想を覆されて面を食らい、最後の最後で何故かパパイヤ鈴木が生き残っていてゼロワンがフォームチェンジをしながら倒すという雑な展開に笑ってしまいました。ゼロワンは変な声でノリノリで戦うので、電王のモモタロスを思い出すような感じでシリアスなのかギャグなのかイマイチ掴めないビルド~ジオウの流れから考えるとコミカルで明るく子供ウケを狙っているように思いました。