エロ漫画

同人DL販売がどうのこうの的な動画・記事の考察(竿役の項の補足)

前に書いた記事が長くて分かり辛い部分があったので箇条書きにします。 ○竿役が目立たない女性上位 ・エロ漫画誌の作品の大半が女性上位なので競争が激しい ・ストーリーは経験豊富なヒロインに竿役がなすがままという形でいい ・ヒロインの体が画面の中心に…

2018年度の失楽天のおねショタ(もしくは竿役の身長がヒロインより低いもの)一覧

■2018年1月号 ・MCA(単行本「おちんちんレンタル」に収録) 竿役1人と人妻3人の4P。 ・ギリ嫁(単行本「Hな女子は嫌いですか?」に収録) お姉さんの設定が養子なのか、ショタの親が再婚して義理の姉になったのかよく分からないが血が繋がっていない。 ■2018…

2017年度の失楽天のおねショタ(もしくは竿役の身長がヒロインより低いもの)一覧

■2017年2月号 ・すやすやおねえちゃん(単行本未収録) 家庭教師もの。ショタが寝てるお姉さんに性的イタズラをするがバレてしまう。 ■2017年3月号 ・こころおしえるっ(単行本「AV授業はじめるよっ」収録) AVの専門学校で女性教師がショタ系生徒にセックス…

エロ漫画でショタに拘る理由

やはり業界がインフレして特別どの作家が好きなのかと言いにくいほど飽和しているのが大きいです。ヒロインのデザインと属性も飽和しています。エロ漫画で不細工な女性が出てくる事は滅多にないですが、不細工なオタクやおっさんといった強烈な竿役は出てき…

現代インピオ(あるいはロリおねショタ)の考察

00年代後半~10年代前半と比べるとインピオが注目されたのはエロ漫画の中でショタの存在価値が上がったのが大きいですね。インピオがロリはショタにやられるがままでイカされる・・・という昔のイメージから、ロリがショタをイカせるというイメージに切り替…

インピオ

主にエロ漫画で子供同士を刺すネットスラングですが、2chのレスで「インポ」のタイプミスで「インピオ」になった故事が語源になるので意味と言葉のニュアンスは全く関連性がないです。ロリショタだと「ロリみたいなショタ」を指す単語でも使われるのでインピ…

エロ漫画における女性上位とM向けとおねショタ

TwitterでM向け専門誌のガールズフォーMが20号をもって休刊するというニュースが飛び出してきました。ガールズフォーMは不定期発行のエロ漫画誌で、毎回やたらおねショタが多かったのでM向けという部分を抜いても異様な雑誌だったと言えます。エロ漫画でM向…

コンビニのエロ漫画誌のおねショタ

ニュースで2019年の8月末に大手コンビニチェーン店3社が成人向け雑誌の取り扱いを停止すると報道していた。コンビニのエロ本は表紙に乳首を出さないという自主規制を課しているので、これが写真だろうが絵だろうが一般向け雑誌とさほど表紙は変わらないわけ…

おねショタエロ漫画大賞2018「ずっとななみごろ」

前年に引き続き「ななみごろ」シリーズが読んだ中で一番良いと思った。きらら系アニメのような可愛らしい絵柄と、優しい台詞回しは似たようなものがなく個性が際立っている。3作目の「ずっとななみごろ」は、前2作で描かれなかったなな姉ちゃんとごろちゃん…

長女の事情の感想(快楽天2019年1月号)

続きもので、自宅で三姉妹の次女が「長女の彼氏」に犯され、それを見て怒った「次女の彼氏」が三女に言いがかりをつけて犯すという凌辱の連鎖の話ですが3話目は一転して甘々なおねショタになっています。 三女が「次女の彼氏」に犯されて喜んでるのを窓から…

メイドのおしごと(快楽天2018年5月号)の感想

メイドが御曹司の坊ちゃんに筆下ろしをする内容ですが、坊ちゃんは同級生の女の子が好きなので三角関係のようなやや複雑なストーリーになっています。冒頭3Pで坊ちゃんと女の子の学校生活をやってデートの約束を取り付けるものの、4P目からメイドがぼっちゃ…

快楽天ビースト2018年3月号の感想

本号は竿役1人・ヒロイン複数のハーレムと年上のお姉さんものが複数載ってるのでそこが特徴だと思います。 ・ひみつのとっくん 女体育教師が童顔の男子生徒に告白されたが、巨根だったので筆下ろしして付き合ったという設定。最初はフェラだがフェラをしてい…

個人的な快楽天3誌の違い2018

・快楽天 ストーリーが複雑になりがちなので理解力を求められる。オチがエグかったり意味不明で終わる事も多々あるので上級者向け。竿役にバラエティ性はある方に入る。 ・ビースト 表紙は爽やかだがイチャラブが多いと言う訳ではない。内容は陰鬱になっても…

おねショタエロ漫画

竿役がショタでヒロインが年上のお姉さんというカップリングを大雑把におねショタと呼ぶが、18禁の枠でショタの年齢は繊細な問題なので「お姉さんよりショタの身長が低い」という見た目の部分で年齢差を強調されている。竿役の身長がヒロインより低い作品…

おねショタエロ漫画大賞2017

今年も女性上位的な作品が多かったです。女性上位だと王道的な筆おろしが大半ですが、お姉さんが処女という設定の作品が増えており、筆おろしものとは違った独自性で攻めています。お姉さんが処女でも相手の男の子が小柄で童貞なので、お姉さんの方が主導権…

快楽天3誌のヒロインより竿役の身長が低い漫画2017

・快楽天 まず、お姉さんがレズビアンで失恋したので、年下の男の子で処女を喪失しようとする「カメリア(5月号)」のインパクトが強いです。生意気な坊ちゃんをメイドが筆おろしで懲らしめる「坊ちゃんはきかん坊(9月号)」、幼馴染のお姉さんがヤンキーと…

快楽天2017年11月号の感想

・犬 動物好きの男の子が同じ町内に住む犬好きのお姉さんの家に招かれたが、お姉さんにいきなり耳舐めされたり手コキされたりして嫌がるものの、お姉さんは男の子がスマホでお姉さんのパンツを隠し撮りしてたのを知ってたのでそれを弱みにそのまま筆おろしし…

坊ちゃんはきかん坊(快楽天2017年9月号)の感想

坊っちゃんとメイドのおねショタですが、導入に8ページ割いてるので4ページになるとエロ展開になりがちなエロ漫画にしては珍しい方です。無表情でやる気がなさそうなメイドが、生意気な口調の坊ちゃんが写真をオカズにオナニーしてるのを偶然見てしまって弱…

ホットミルク2017年3月号の感想

今月は竿役がショタかな?と思ったら成人設定だった反面、ロリ系ヒロインはロリ設定だったので対照的でした。読みきりと続きもの含めて乱交ものが多かった印象です。全体的に女性上位の傾向で凌辱的な要素は薄かったような印象を受けます。 ・ぼくたちこれか…

快楽天 2016年12月号の感想

前に買った2016年9月号は紙質がペラペラで持つと曲がって読みにくかったのですが、今月号は紙質が元に戻って読みやすくて良かったです。 ・ゲーセンの姫 格ゲーで全国大会に出る程度の腕を持つお姉さんが、自分より格上の男の子に格ゲーでボコボコにされてし…

失楽天 2016年11月号の感想

いつもより男性上位でヒロインが流される系の話が多かったです。女3人男1人の4P「フラグこれくと」竿役にヒロインが弱みを握られて凌辱される「スクールフェスタ」お姉ちゃんが男の子を筆おろしする「わるのりおねえちゃん」は各作家の前回掲載分の作品…

めしあガールの感想(コミックシグマ2016年11月号)

有馬侭先生と言えば「天然恋色アルコール」に収録されているおねショタ「ヒミツノハナゾノ」3部作のイメージが強いです。家庭教師ものでショタの名前が「ゆうくん」だったり、お姉さんがリードする筆おろしをする王道的な作品でエロアニメ化まで果たしている…

ホットミルク2016年11月号の感想

基本的にエロ漫画誌は表紙買いしないのですが、今回の八宝備仁先生は好きなイラストレーターだったので表紙買いしそうなほど素晴らしい表紙だと思いました。表紙と連動した官能小説のページは黄色っぽい塗りでいつもと印象が違う感じがします。 巻頭カラーの…

失楽天2016年10月号の感想

表紙がニコニコ動画を意識したデザインで、コメントと作家名がごっちゃになっているので混沌としています。他のエロ漫画誌の表紙より目立つのである意味大成功なのではないでしょうか。表紙と連動した感動のカラーページはオナニーの自撮り撮影を生配信する…

ホットミルク2016年10月号の感想

全体的にカップルのイチャラブと年上ヒロインの女性上位的な話が多いです。最後のロリ系の漫画がコンビニ誌にしては際どい感じがします。女社長と部下というネタの作品が2本も載ってるのが珍しいですが「女社長の野望」が竿役を強調した作風なのに対し「あな…

快楽天2016年9月号の感想

・サマータイム 野球部の男の子が、田舎に帰省してきたお姉さんが寝てる寝てる所を睡姦する内容です。睡姦は「いつヒロインが起きるのか」という醍醐味がありますが、この漫画は最後までお姉さんが起きません。なので睡姦台詞がほぼ無い状態で、お姉さんがい…

失楽天2016年9月号の感想

今月はギャル・ビッチ系の漫画が多くて人妻系が少な目でした。巻頭カラーが女2人男1人の3Pですが、竿役が下半身しか見えないレズ要素が強い漫画になっています。 ・止められないんです 男の子の両親が旅行に行くので知り合いの人妻の家に泊めてもらうとい…

失楽天2016年7月号の感想

人妻推しという事で人妻ものが4本載ってました。うち2本は旦那が話に絡んで背徳感がありますが、後の2本は旦那が出てこず女性上位で年下の男の子をリードする背徳感が無い女性上位の内容になっています。 おねショタの方は2本で「筆ならし」が続き物の4話目…

個人的な快楽天3誌の違い

作家陣以外大して違いは無い感じだが・・・微妙に違うと思った。毎号読み切りの1ヵ月交代で作家陣が変わるので、印象が付きにくいのかもしれない。 ・快楽天 定価400円で400P前後なのでコスパ的に他を圧倒する。絵柄と内容はバラバラで良くも悪くもバラエテ…

おねショタの一転攻勢ってなんだろう

おねショタ案件調べてるとよく見る単語が「ショタの一転攻勢はNG」だがどういうのが一転攻勢ではないのかはよく分からない。となると手持ちの漫画をペラペラめくってみて考察するしかないのだが・・・ エロ漫画というのはヒロインがイカされて終わりというの…