聲の形の感想

原作がコミックス7巻分の内容を2時間にまとめるのは無茶だったのか、Vアニメの総集編のような端折り方で話に全くついてきませんでした。原作ではアニメで説明されていない部分に対して納得がいくような説明がされてるかもしれまんが、そもそも読む気にならないので疑問になった点を確認する気も起きません。

 

前半は小学生時代で主人公とクラスメイトが聴覚障碍者のヒロインに危害を加え、ヒロインが不登校から転校したのでクラスメイトから主人公に全責任を被せられて「障害者を虐めた酷いやつ」として今度は主人公がクラスメイトから虐められる流れでした。それから中盤は主人公が高校生になり、小学校~中学校に虐められたトラウマから対人恐怖症で友達がいない状態から都合よく男友達が出来たり、聴覚障碍者のヒロインをはじめとして他の女キャラの尻を追いかけまわして何故か行為を持たれ全員で仲良く遊びに行くような話になって面食らいます。そして終盤は何もかも順風満帆に見える主人公でしたがヒロインに何故か希死念慮があり、自宅のマンションから飛び降り自殺をしようとしたので主人公がヒロインを助けようとしたが代わりに自分がマンションから転落してしまい、それから入院して何となくヒロインといい雰囲気になって時間が過ぎ主人公の通ってる文化祭で主人公の対人恐怖症が治ったかのような感じで終わりました。ここまで端折ってストーリーを書きましたが、何がテーマで何が言いたい話なのか理解できないとしか言いようがありません。

 

聴覚障碍者のヒロインが健常者の学校に通っても馴染めず転校してしまった・・・という前半でもう聴覚障碍者を描く事を投げているように感じました。中盤から主人公の対人恐怖症がメインになっていくので、聴覚障碍者のヒロインがどうやって過ごして来たのか全く語られません。ここまでくるとヒロインが聴覚障碍者じゃなくても成立するんじゃないかと思いました。虐められた理由が「ヒロインの地毛が赤毛だからクラスメイトに因縁を付けられた」でも何の違和感もないからです。ヒロインは主人公から補聴器を無理やり外されて投げ捨てられるという暴力行為を受けたのに、何となく主人公を好きになっていくのは理解できませんが、ヒロインが通う学校に友達の存在が出てきてないので無理にこじつけるとすれば、ヒロインは孤独だから昔に危害を加えてきた主人公が構ってくれるから好意を抱くというDV的なものでしょうか。

 

主人公の対人恐怖症ですが、小学校時のクラスメイトの金髪男が主人公の事を「障害者を虐めた酷いやつだから関わらない方がいい」と小学校~中学校時代に学校の生徒に言いふらして主人公が孤立したという形ですが、主人公が高校生になると主人公に直接危害を加える人物は出てきません。しいて言えば聴覚障碍者のヒロインの母が「うちの娘(姉妹)に近づくな」という意味で主人公をビンタしたぐらいです。なので陰湿な前半の割には主人公の都合のいいように話が進むので肩透かしを食らいました。

 

主人公を妨害する人物がいない以上、主人公とヒロインがなんかいい仲になって終わりという話だと何の面白味もないのか、主人公とヒロインの小学時代の同級生である黒髪ロングが悪女枠として大暴れします。黒髪ロングが主人公の事を好きだったという設定が突然出てきて、ヒロインに嫉妬するので暴言を浴びせたり挙句の果てには暴力を振るったりします。もっと言えば黒髪ロングがヒロインを殴ってる時にヒロインの母親が止めに入った時にその母親も殴るので気が狂っています。小学校時代は主人公がヒロインに暴行を働いていたので「障害者を虐める酷いやつ」でしたが、今度は黒髪ロングが「障害者を虐める酷いやつ」になっています。主人公はヒロインを虐めた事で今度は自分が虐められる原因を作ってしまったという意味で因果応報になっていますが、黒髪ロングは特に作中で罰を受ける事はありません。主人公の母親とヒロインの母親以外、黒髪ロングに注意したり止める人物がいない・・・という時点でこれもまた狂気じみています。主人公はヒロインに対して「小学時代に虐めてしまった」という負い目があるのに、ヒロインが黒髪ロングに暴言を浴びせられても何もしませんでした。反省しているのは口だけだったのか疑問に思いますし、また障害者に対する虐めが繰り返されているようでは何も解決していません。黒髪ロングはヒロイン(と母親)を殴った後で平然と友達面をして文化祭に来るので面の皮が厚いタイプの性格異常者で恐ろしいものを感じますね。

 

というわけで、黒髪ロング自体は話を盛り上げる悪女としての意味合いは分かりますが、何も罰を受けず終わるのは首をかしげました。男女関係のドロドロでお馴染みの東海昼ドラの中島御大の作品だと、ヒロインが悪女に虐められ続けるのは恒例のパタ―ンなのですが、終盤でその悪女が罰を受けるんですよね。目が見えなくなったり、顔が変形したり、警察に捕まったり、挙句の果てには死ぬ場合もあります。悪女で話を盛り上げるだけ盛り上げて、悪女が報いを受ける事で落とす事でバランスを取る感じです。そういった意味では本作はバランス感覚というのが欠けているのではないでしょうか。「原作がそうなんだから仕方ない」と言えばそれまでですが。

同人DL販売がどうのこうの的な動画・記事の考察(竿役の項の補足)

前に書いた記事が長くて分かり辛い部分があったので箇条書きにします。

 

○竿役が目立たない女性上位

・エロ漫画誌の作品の大半が女性上位なので競争が激しい

・ストーリーは経験豊富なヒロインに竿役がなすがままという形でいい

・ヒロインの体が画面の中心に来るような構図で竿役は極端に言えば竿と足だけでよく複雑な絡みを描かなくてもいい

・竿役の表情が求められないのでのっぺらぼうでもいい

・台詞回しはヒロインが一方的に喋るだけで竿役の台詞はなくてもいい

・女性上位が好きな層はヒロインがイカせられる表情を嫌うので表情のバリエーションが少なくてもいい

 

○竿役が目立たない男性上位(凌辱等)

・エロ漫画誌だと凌辱ものが減っているので需要がある(重要)

・ストーリーはヒロインが犯されるエグい話を考えないといけないので女性上位より大変

・女性上位と同じで複雑な絡みを描かなくてもいい

・女性上位と同じで竿役はのっぺらぼうでもいい

・台詞回しは犯してる竿役のエグい台詞や犯されてるヒロインが堕ちる心理描写を考えないといけないので大変

・女性上位に比べるとヒロインの表情のバリーションが倍求められる上に顔を崩して描くのは大変

 

○竿役が目立つ女性上位(おねショタ等)

・マイナージャンルかと思いきや商業・同人共に数が増えたのでブルーオーシャンとは言えなくなった

・ストーリーは経験豊富なヒロインに竿役がなすがままという形でいい

・竿役とヒロインのお互いの体が見えるような構図が基本なので、拘れば拘るほど労力が倍

・画面の構図に収まるようにヒロインの表情と合わせて竿役の表情まで描く事を考えるなら労力が倍

・台詞回しはヒロインが一方的に喋るのが無難だが、女性上位を維持した上で竿役の台詞をどう挟むのかに拘ると大変

・竿役が目立たない女性上位と比べると竿役の表情のバリエーションまで考えないといけないのは単純に考えても労力が倍

 

○竿役が目立つ男性上位(凌辱等)

・エロ漫画誌だと濃い竿役(汚いおっさん、キモオタ等)減っているので同人界で需要が高いジャンル(重要)

・ストーリーはヒロインが犯されるエグい話を考えないといけないので女性上位より大変

 ・竿役の表情をどこまで描くのか加減が難しい。眼鏡、目元を描かない、目をつぶったままがテンプレか

・台詞回しは犯してる竿役のエグい台詞や犯されてるヒロインが堕ちる心理描写を考えないといけないので大変

 ・濃い竿役の体型とヒロインの絡みを考えて描かないと迫力が出ないので拘れば拘るほど労力が倍

・おっさんの濃い表情とヒロインが犯される表情が求められるので労力が倍

・竿役が目立つ女性上位とは違った意味で神経を使うジャンルだと思われる 

ランボー・ラストブラッドの感想

2019年に米国で本作が放映されていた事は知っていたのですが、日本で放映するのはいつになるのか待ちくたびれていたらついに2020年6月になってからやっと放映されました。4作目のタイトルが「最後の戦場」だったのにこれ以上何をやるのか?と思いましたが、ランボーがメキシコのマフィアと戦う事で今までのシリーズとは違う路線で社会問題を取り上げるというのが特徴的です。

 

前半の45分でランボーの知り合いの孫娘が自分を捨てた父親会いたさにメキシコに行くと言い出し、ランボーが「父親はクズだ。危ないからメキシコに行くな」と言ってるのにわざわざメキシコに行ってマフィアに捕まってしまったので、ランボーがメキシコに行って助けようとするがマフィアにボコボコにされるわ知り合いの孫娘は助けられなかったわでいい所がないと言ってぐらい酷い目に合わされます。ランボーが路上でマフィアに集団リンチされた後で、マフィアが1人残らずぞろぞろとアジトに一旦帰り、ランボーが路上に放置された状態でルポライターに助けられる流れは流石に無理があるように見えました。マフィアのボス(兄)の周りくどさでランボーを逃がした事で、マフィアのボス(弟)が兄を後から問い詰める流れがありますが自分の記憶が曖昧で兄が何がやりたいのかよく分かりません。

 

そして後半の45分でランボーがメキシコに行ってマフィアのボス(弟)を惨殺してマフィアのボス(兄)を刺激し、今度はマフィアのボス(兄)とその仲間たちが車で国境を超えてアメリカのランボーの牧場に復讐に来たのを、牧場の地下にトンネルを掘っていたランボーベトナム兵の戦術で返り討ちにする・・・という話の流れです。マフィアは相手がランボー1人だから数で圧倒できると思ったら、地下トンネルという地の利を生かしたランボーに殺されていく流れは、ベトナム戦争ベトナム兵の方がアメリカ兵より圧倒的に少ないのにアメリカ兵が勝てなかった歴史への皮肉なんでしょうか。ランボーがメキシコで大暴れする内容だと思い込んでいたので、ホームアローン的な作風でマフィアが殺されていくのを見せていくのは意外だったとしか言いようがないです。ランボーは前半でマフィアに捕まって身分証明書を取られたのでマフィア側はランボーの住所を知ってるのか?メキシコのマフィアは武装した状態でどうやって車で国境を超えたのか?と考えると細かい所は省略されています。

 

全体的に捻りがなく事前に説明されていた事をなぞる話で、ランボーと知り合いの婆さんが「孫娘の父親はクズ」「孫娘の友達は悪いからもう関わるな」「メキシコに行くな」と言ってて、本当に孫娘の父親はクズだし孫娘の友達もクズで孫娘を騙してマフィアに売り飛ばしています。前半でランボーは牧場の地下になんでトンネル掘ってるのか武器を置いてるのか自分の記憶が曖昧なのか意味が分かりませんでしたが、後半で地下トンネルを戦場にしているのでそこも前フリでしょうね。無駄がなく余計な事は考えさせないようなテンポ重視なのも感じられ登場人物はストーリー上の役割がなくなったらさっさと死んだりもう出てこなくなりました。

 

若い女性をターゲットにした拉致と人身売買を生業にしているマフィアを悪役として出すことで、これまでのシリーズの「武装集団に殺される民間人」と違った悲惨さを出していますが今作で実際に死んだのは「覚醒剤漬けにされた孫娘とライターの妹」とで回りくどいので悪役の悪さが陰湿で分かりづらく、「武器を使い容赦なくマフィアを殺戮していくランボー」と「武装しているのにその武器で誰一人殺せていないマフィア側」という対比が出てしまってランボーの惨さを強調しています。

 

この映画を見て時代劇の再放送に似てるなぁと思いました。悪者に食い物にされて死んだ被害者と悪者をバッタバッタ切って無双する正義の味方しか印象に残らず、悪者は悪い事は悪いですが強くないしあっさり殺されるので全く印象に残らない・・・と言った所です。

家庭用マキオン先行体験版

この前のβテストは抽選で当選した人しかできなかったのですが、今回は体験版をダウンロードすれば誰でもプレイできるのでやってみました。機体は予約特典の機体以外は全部使えるのでほぼ製品版と変わらないですね。発売日まで体験版は土曜の昼12時~に日曜の昼12時しかプレイできず、DL版を予約して買った人が日曜の昼12時~月曜の昼12時まで延長してプレイできるとの事でしたが6月19日時点だとDL版が予約で買えないお詫びからか最初の週だけ誰でも月曜日の昼12時までプレイできます。

 

今までシャフ専でエクバを1万5千戦、フルブを5千戦程度やってきて勝率が5割行かなかったので腕前はイマイチですが、マキオン体験版は強いとされている2500の機体(DHやX1)を使ったらそれなりに勝てました。ゲーセンでたまに触る程度でガッツリと対戦はやってませんでしたが、YOUTUBEで上位プレイヤーの動画を見てたので何が強いのかは知っていて自分が使うと確かにこれは何でも揃って強いよなぁ・・・という感想でした。マキオンはフルブの時より調整が繰り返されてゲーム性がインフレしていて、EXVS2は更にインフレしているので動画を見てないとついていけませんね。

 

マキオン家庭用をフルブ家庭用と比較するとハードがPS3からPS4に変わった影響で全体的にUIのレスポンスが上がっていますし部屋を探す時・部屋に入る時・対戦がはじまる時の待ち時間が減ってるので進化を感じます。その反面、フルブの時よりプレイ中にラグを感じたり対戦中にエラーが出る頻度が上がっているように思いました。気のせいかもしれませんが・・・先行体験版のオンラインテストというのはその部分をチェックして改善する為の物だと思うので発売日までに改善するといいですね。

グラブルVSの大会(RAGE)

格ゲーの試合を見て息が詰まって心拍数が上がるような感覚になってくるのは何時ぶりだっただろうか・・・グラブルVSはソシャゲのキャラを使った格ゲーでコンボゲームばかり作っているアークシステム制作ですが、版権元の意向で90年代の2D格ゲーを意識したシンプルなゲーム性になっています。アーク制作の格ゲーは特に「難しくて長いコンボを習得しないと土俵に上がれない」というゲーム性ですが、グラブルVSの場合は基本的なコンボが簡素化されていてプレイヤーが土俵に上がりやすい調整です。ただ、空中でカウンターヒットした後のコンボと画面端のコンボが長くなって減るので、練習が必須になりここがアークの格ゲーさが出ている部分ですが、GGやBBに比べるとコンボレシピの複雑さやコンボを完遂させる為のシビアさが求められないので、他のアークの格ゲーに比べると簡単になっています。

 

グラブルVSは初心者救済の為に必殺技コマンドがアビリティボタンで簡素に出せるようになっているのも特徴で、これが相手が飛ぶのを見てから昇竜拳を撃ったりコマンド投げを仕掛けるのが他の格ゲーに比べると非常に簡単になってしまっています。単発の通常技やコンボ中にコマンドが長い超必殺技を入力するのが難易度が高く実践ではコマンドミスが出てしてしまう所ですが、簡易コマンドで成功しやすくなっているのが初心者だけじゃなくて中級者以上のプレイヤーにも有利に働いてしまう部分です。グラブルVSは必殺技を打ったら体力バー下の必殺技アイコンが黒くなりクールタイムに入りアイコンに色が戻るまで必殺技を打てないというシステムがあり、簡易コマンドを使うとクールタイムが長くなったり超必殺技の威力が下がるといったデメリットはありますが、そのデメリットを考慮してもメリットの方が勝っています。

 

前置きが長くなってしまいましたが、ちょっとしたミスであっさり勝ち負けが決まってしまう大味な部分があるので、大会でプレイしているプレイヤーとそれを見ている視聴者どちらも気が抜けないような独自の緊張感が出ていました。大会で目立ったのはグランとパーシバルで、波動昇竜キャラで扱いやすい上に突進技をガードされても反確を取られにくくキャラの相性で不利になりにくいので「勝ちやすいキャラ」なので多いと言った所でしょうか。素人目には強く思えるグランとパーシバルでしたが、同キャラ戦で潰し合いが起って数が減ったり、他キャラのトッププレイヤーが対策して勝ち上がってきたりしていたので決勝戦ではキャラ被りが起らないというあまり格ゲーで見ない結果になります。

 

決勝の8人で要注目だったのは安定してウィナーズ側で勝ち上がってきた「もっちー選手」とウィナーズ側で1回戦負けした状態でルーザーズ側からそのまま連勝して決勝まで上り詰めた「gamera選手」です。もっちー選手は大会で数が多くないフェリのセットプレイでまるで相手を処理するかのように勝ってましたが、その反面gamera選手はジータを使い一手間違えば負けるようなギリギリの状態で勝っているのでプレイスタイルが対照的でした。決勝トーナメント自体もそういう試合運びになって決勝戦はこの2人になっていたのですが、gamera選手は負けるかもしれない接戦を繰り広げていた分こちらの方がやはり目立ちます。

 

勝戦はgamera選手がジータでフェリ相手は不利なのでカタリナにキャラ変えをするという事態が起こります。今大会のキャラ変えだと予選で前例があって、マゴ選手のメインキャラがゼタだったのですが、フェリ相手だと不利という事でシャルロッテにキャラを変えていました。もっちー選手の方は決勝前のコメントでフェリに不利なシャルロッテを使うレン選手を意識していると言っていましたし、実際にフェリ相手にシャルロッテを使っていたマゴ選手は圧勝しています。

 

もっちー選手は準決勝でカタリナを使っていたバギー選手に3-1で勝っていたので、gamera選手がカタリナにキャラ変えをしても苦しい試合にはなるだろうなと思っていましたが、gamera選手の超反応もっちー選手の行動を潰し2-0で連勝していたので先に3勝してワンセットを取り仕切り直し(もっちー選手はウィナーズ側なのでgamera選手はツーセット取らないといけない)になると思っていましたが、今度はもっちー選手がgamera選手の動きに対応してそのまま2-3にもっていって優勝したのでgamera選手を応援していた自分としては残念でした。

 

もっちー選手のフェリに対してカタリナを使っていたgamera選手がどんどんやることが無くなっていって負けるという流れで、遠距離からの手数が多くフェリに対してカタリナはC波動かC突進しか攻め手がなく、C突進をガードされたり避けられてコンボを入れられてまたジジ投げでフェリ側の攻めがループする上に、カタリナ側がC突進を入れてもフェリ側は昇竜拳の切り返しを持っているので起き上がりに出すか出さないかの読み合いが発生し、フェリ側は画面端から逃げる手段があるのでカタリナ側は見てて辛そうだなという感想ですね。

 

グラブルVSの大会の結果は波動昇竜キャラが文字通り万能な上にコンボが減りすぎる中で、昇竜拳を持ったリーチが長いテクニカルキャラが優勝するという結果になりましたが、仮に癖の強いキャラを弱くしても波動昇竜キャラ以外使う要素がない・癖の強いキャラを練習してまで使う意義がないって雰囲気になるので格ゲーの調整は難しい所です。