僕のカノジョ先生の感想

f:id:BRAVIA40W900A:20180902205800j:plain

明らかにタイトルと挿絵がエロゲーの「母性カノジョ」を意識しているように感じますが、こちらの方も年上のヒロインがただひたすら尽くして甘やかしてくるような内容になっています。教師に少し反抗的な主人公が美人女教師に突然迫られるというストーリーではあるのですが、主人公が教師にトラウマがある理由とか女教師が主人公を好きになる理由が浅すぎるので、シリアスさを回避してエロコメに特化しているような作りです。

 

一応は全年齢向けのラノベなので本番はありませんが、女教師が生徒指導室に主人公を呼び出して主人公の頭を胸に押し付けたり、手ブラでおっぱいを限界まで見せつけてくるというエッチな行為をしてきます。女教師はエロ行為に対して積極的ですが、今まで一度も男と付き合ったことがないので、乳首は見られたくないという恥じらいがあってギャップがエロ漫画とは違うラノベらしさ言った所なんでしょうか。教師で社会人なので学校の先輩ヒロイン的なものと違って収入があり、主人公を何度か食事付きのデートに誘って奢るという部分に大人と子供という感じが出ています。

 

女教師だけでは間が持たないのか女教師に対立するサブヒロイン的なものが5人も出てきて、ほぼ全員主人公が好きという最初から好感度MAXみたいな設定になってますが、主人公が好きになっている理由が特に語られないのでこちらも浅いです。ページ数に対してヒロインの数が多すぎて書き切れていません。シリーズ化を前提としたハーレム設定なんですかね。

 

おねショタが好きなので買いましたが、主人公が可愛く描かれている割には女教師との絡みが描かれている挿絵が少なくて少しガッカリしました。あと本文の説明で「主人公の容姿は普通」だと書かれていて「主人公は可愛い容姿だからショタコンの女教師に好かれている」という話じゃないので挿絵と内容にギャップを感じ想像してたのと違たなぁ・・・という印象です。