快楽天2017年11月号の感想

f:id:BRAVIA40W900A:20171006210549j:plain

 

・犬

動物好きの男の子が同じ町内に住む犬好きのお姉さんの家に招かれたが、お姉さんにいきなり耳舐めされたり手コキされたりして嫌がるものの、お姉さんは男の子がスマホでお姉さんのパンツを隠し撮りしてたのを知ってたのでそれを弱みにそのまま筆おろしします。お姉さんが男の子に69を要求して挿入を許す流れが女性上位という感じです。終始男の子の独白が挟まれるのですが、男の子がお姉さんの事を好きになってるという文章の後にお姉さんが犬で他の男の子をおびき寄せて家に連れ込むようなコマで終わっています。つまりお姉さんは男の子なら誰でもいいという事を暗示させて快楽天らしい後味の悪さです。

 

・オトナあつかい

女の子が男2人に絡まれてる所を男の子が殴って助けてるような冒頭から始まって、助けたのは引っ越して疎遠になった知り合いのお姉さんだったという話です。お姉さんが男の子の家に来るのですが、男の子はお姉さんに対して思春期らしい恥じらいがあるのを強調する流れになっています。お姉さんが男の子を誘い受けする形で押し倒されるのですが、男の子は経験豊富な事を言って強がってもおっぱいを吸ったり入れる場所が分からなかったりで童貞という単語は出てこない上で童貞らしさが分かる感じです。お姉さんの表情は崩れないのに、男の子の表情が崩れていくので「負かされる」という女性上位的な印象が強くなっています。正常位、後背位、騎乗位、ちんぐり騎乗位とお姉さんが男の子を攻めてる構図が男の子の表情が見える形で描かれているので見応えがあります。男の子の髪型が逆立ててる形だったのに最後は崩れたり、お姉さんにおちんちんを掴まれて射精を強制的に止められた後でちんぐり騎乗位でイカされるオチは女性上位のまま玩ばれているという感じです。

 

・おとなへの手引き

村の風習で男子は女性から筆おろししてもらうという設定で話は始まりますが、男子は目隠ししてお互い喋ったらいけないという決まりなので、女性に気持ちよくされる男の子の独白で話が進んでいく作りにまっています。初っ端から女性が全裸で男の子がキスされたりフェラされたりするので、この女性が誰なのか読者には分からない感じになってますが、途中で2Pの回想が入るのでこの女性が幼馴染のお姉さんだというのが判明します。男の子が回想しながらお姉さんの名前を呼んでしまったので、そこから目隠しを取って騎乗位の流れになり途中でおっぱいを吸いながらの正常位、そしてだいしゅきホールドでフィニッシュする流れですが、こちらも男の子の表情が見える構図で描かれています。お姉さんのSっ気が強い前の2作に比べると相思相愛のいちゃらぶ要素があり優しい筆おろしという印象でした。