打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?の拗らせた見方

男子中学生の主人公が色っぽい同級生の女子をどう見るか?という表情の変化を楽しむ映画です。よく「君の名は」と比較されますが、あちらが超常現象で時間を遡って隕石からヒロインの命を救う話なのに対して、こちらは駆け落ちという名のデートを失敗する度に謎の玉の力で時間を遡って少しづつ引き延ばす話なので話の規模が小さいです。原作ドラマからして恋愛ものではなく、ヒロインは見た目の魅力だけで内面は掘り下げられずあっさり終わるため、アニメも原作よりはヒロインの出番が増えてますが内面はよく分からず相思相愛の関係にならないのは変わらないです。なのでヒロイン目当てで見るなら消化不良でしかないですし、渡辺明夫キャラデザの他のアニメを見た方が満足できるでしょう。男子中学生の視点で物語を進める事に重点を置いた作りなので、男の子の心理描写とか細かい仕草に拘る人なら満足できるかもしれません。色っぽいヒロインとそれに反応する男というアニメは沢山ありますが、男のデザインがイケメンだったり不細工とはいかないまでもモブっぽい感じのデザインが大半で、今作のようにヒロインより背が低くて目が大きい可愛い系のデザインは意外と少ないのでそこに意味を感じられれば見る価値はあると思います。