坊ちゃんはきかん坊(快楽天2017年9月号)の感想

f:id:BRAVIA40W900A:20170802233439j:plain

 

坊っちゃんとメイドのおねショタですが、導入に8ページ割いてるので4ページになるとエロ展開になりがちなエロ漫画にしては珍しい方です。無表情でやる気がなさそうなメイドが、生意気な口調の坊ちゃんが写真をオカズにオナニーしてるのを偶然見てしまって弱みに付け込むような形で筆おろしする流れになります。

 

坊ちゃんをベッドに背後から押し倒して手コキ、おちんちんをおっぱいに押し付けてパイズリからのフェラで射精させた後にキスし、対面座位の体勢になって素股で焦らしてからぼっちゃんがメイドのおっぱいを頭に挟む形で挿入とこれでもかと女性上位を感じさせる構成になっていました。

 

メイドは表情をあまり崩さず敬語で攻めて、攻められている坊ちゃんが快感で表情が崩れていくので主従逆転されているような印象を受けます。坊ちゃんが果てた後にしおらしくなり、彼がオカズに使っていた写真をメイドが見ると自分の写真だったと分かって照れるというオチが最後のコマで判明するのが余韻が残る感じでした。