映画 君の名は の感想(ネタバレあり)

「君の名は」は大ヒットした映画との事で、ここ最近は毎日のようにテレビニュースで取り上げられまるでCMのように本編の映像が何度も流されています。断片的な映像からは「入れ替わりもの」「青春もの」「恋愛もの」という印象が強くて、そういうのに興味がない俺としては観る気は起きなかったのですが、女子大生のお姉さんキャラクター「奥寺ミキ」が良いとの情報を教えてもらったので一応観てきました。

 

百聞は一見にしかずと言いますが、実際に映画を観ると「入れ替わりもの」「青春もの」の要素は序盤の触りと言った所でキャラ紹介や伏線を張る部分でしかありません。想像してたのと全く違ったので良い意味で騙されたと思います。中盤からは入れ替わりが途絶えてしまったので、主人公の瀧がヒロインの三葉の体に入れ替わった時の記憶を頼りに、三葉がいた場所の風景をデッサンしたりネットで調べたりして、三葉がいる場所を探しに仲間と旅に出るという謎解きの部分が強くなります。終盤は謎が色々と解明して、三葉と町に住む人々は彗星落下で街ごと消滅した事で死んだ事が分かってる状態からどうやって三葉と町の住民を助けるのか?という流れから、最後の入れ替わりをして彗星の落下は回避できないが町民を退避させて人命を助けようとするクライマックスになります。観てる間はさほど気にならなかったものの、後から思い返すと気になる点が多いストーリーです。特に瀧と三葉が入れ替わってる時期がズレていて、三葉は瀧からすると3年前の人物で入れ替わりが途絶えるまで、3年のズレにお互い気づかなかったというのはストーリーの根本から崩壊しそうな矛盾ですが、粗が多いファンタジー要素にどこまで観客が目を瞑れるかのが試されてる感じがします。

 

ストーリーの謎や瀧の行動理念が3年前に死んだ三葉にある都合上、序盤は三葉の説明に割かれる尺が多かった印象です。入れ替わりがこの映画の一つのネタなのですが、三葉の日常と三葉の肉体に乗り移った瀧の視点のシーンが多く、瀧の日常が描かれるシーンは三葉に比べてやや少ない印象を受けました。三葉が瀧に乗り移った視点になると極端に少なかったと思います。三葉が朝起きて朝ごはんを食べ、学校に登校し、授業を受けるという流れを何度もやってるのに、瀧がそういう事をやってるシーンが少ないので、瀧のキャラクターの薄さに繋がってると感じました。三葉の家族構成や日常などは良く分かっても、瀧はバイト先のシーンとその仲間しか印象にないです。三葉は妹が生まれた直後に母親を亡くして、父親が政治活動に走り、祖母に育てられてるという事は分かっても、瀧は父子家庭のような環境で母親がいない日常を送ってる理由が特に語られてなかった気がします。俺が劇中で語られてた要素を見落としてるだけなのかもしれませんが。瀧の父親は序盤に少し出て来ただけでストーリーに全く関係がなかったのも瀧の日常描写の薄さに拍車を掛けます。

 

俺が「青春もの」の要素と「恋愛もの」の要素が意外と少ないなと感じたのは、瀧の日常描写の薄さが原因だと感じました。三葉の場合は田舎は嫌だと言いつつも、日常で色んな出来事があり、男女関係なく友達がいて政治家の娘だからと嫌ってくる同年代の学生もいます。その反面、瀧には学校での描写が少なく同級生の女子生徒と話してるシーンが一切ありません。男友達はいるけど、女友達が一切いないのは現実味を感じる反面、青春ものでは珍しいと思います。三葉も同じですが滝にも母親が家庭にいないので、瀧視点から見た女性は奥寺先輩しかいないという事になります。三葉に気になる異性や彼氏がいない理由は特にないですが、瀧に彼女がいない理由は学校で女子との接点がなく、バイト先の先輩で片思いしている奥寺先輩が好きだからというのは説得力があると思いました。

 

主人公の瀧とヒロインの三葉は体が入れ替わってしまった関係なので、スマホやノートにメモを取ったり、お互いの日常を記録することで間接的には意思疎通は取ってる事にはなりますが、面と向かって話をする事は終盤までありません。この入れ替わりものという点が恋愛ものから外してる感じがします。本作が凄いなと思ったのは、主人公とヒロインの恋愛は全然描かないのに、主人公とサブヒロインの恋愛に尺を割いてる事です。瀧は奥手で、片思いしているバイト先の奥寺先輩とは仕事の仲間としての関係というだけで特に接点はなかったのですが、三葉が瀧と体が入れ替わった事で奥寺先輩と親密になっていきます。外見は瀧ですが内面は三葉という女性だったので、内面は同じ女性同士で奥寺先輩と話がしやすかったのかもしれません。あまりにも内面が三葉である瀧と奥寺先輩が仲良くなりすぎた為、奥寺先輩とデートする事になるシーンがあるのですが、瀧自信は起きてからやっと分かった程度で慌ててデート場所に行きます。三葉は面白半分とか、お節介とかそういう意味で瀧と奥寺先輩をデートさせて親密にしたかったのだと思いますが、瀧が他の女性と仲良くなる喪失感なのか泣いてしまいます。奥寺先輩からしたら、話してて楽しいのは「外見は瀧だが内面は三葉の人格」でしかないので、瀧本人と話しても楽しくなさそうな感じでした。瀧本人にとっては有難迷惑で、奥寺先輩と話しても「話が続かない」とデートの失敗を感じますし「晩飯に行きましょう」と誘っても奥寺先輩から「今日は解散にしましょう」と断られてしまいます。奥寺先輩は「ほかに好きな子がいるの?」と聞きますが、瀧はいないと答える感じでお互い分かれる所が痛々しかったです。男視点からしたら、勝手に片思いしている女性とデートを組まれてぶっつけ本番でやったら失敗するというのは心抉られる場面にしか見えません。瀧は奥寺先輩とやはり釣り合わなかった、会話が続かなかった、何をしていいのか分からなかったという男性として女性を満足させれなかったというのを強く感じました。瀧が奥寺先輩に告白してフラれるという決定的な描写はないのですが、瀧がここ先輩を諦めてたのは失敗したという気持ちが原因だと思いました。

 

この奥寺先輩とのデートから三葉との入れ替わりが途絶えて、瀧は三葉を探そうとするのですが、瀧にとって三葉は「気になる異性」というよりも「スマホやノートごしてはあるけど、意思疎通を取ってた相手を失った喪失感」の方が大きかったような印象を受けました。なので恋愛要素とうよりは友達を探したいとか、命を助けたいって部分で動いてるように感じで「惚れた女だから探す」という恋愛もの的な部分が薄かったのは見やすい部分だと思いました。三葉は瀧の事を奥寺先輩のデートを組んだ辺りから異性として意識し始めるのですが、瀧の方はそこら辺は曖昧で三葉を好きな理由が薄いと感じました。瀧が奥寺先輩とのデートで顔を真っ赤にして奥寺先輩が好きな女性だと強調するシーンはいっぱいあるのですが、瀧は三葉を見て一目惚れするシーンの方はないからです。瀧が三葉を異性として意識してるのは、性的な部分であるおっぱいであり、入れ替わった時に何回も揉む事で「顔は好みじゃないけどおっぱいは気になる」という所で強調されています。三葉は美少女であり、母親に似て美人だと街の人から評価されているのですが、瀧は入れ替わった三葉の顔を見ても「女に入れ替わった」所にビックリするだけで顔については言及していません。瀧と三葉の入れ替わりの時期が3年ズレているのが判明した後で、実は三葉は3年前の瀧に会っていたという回想シーンがあります。3年前の瀧は三葉の存在を知らないので「誰だお前」と言って三葉がショックを受けつつも、髪を縫ってた紐を渡すという場面で瀧はその紐を手首に巻き付けていたという事が繋がる所なのですが、奥寺先輩に顔を赤らめていた瀧がそっけない態度を取るのは、美少女よりも美女が好きという年上好きが決定的に突きつけられたシーンだと思っています。この時点での瀧は中学生で三葉は高校生なので三葉の方が年上ではあるのですが、童顔は好みじゃなかったようです。

 

終盤の最後の入れ替わりで瀧と三葉が再開するシーンでは、ヒロインである三葉が命を助けに来た瀧に惚れるのは分かるんですが、瀧の方が三葉を好きだと言うのはよくわかりません。面と向かって話をするのはここが最初だからです。生きてて欲しいとか助かって欲しいという気持ちの方が強いのでないかと思いました。三葉の体に入れ替わった瀧が彗星から町民が助かる計画を立てて、肝心の場面で三葉と入れ替わって三葉自身が脱出計画を実行するのは、最後は自分の手でやるという部分が強調されて良いと思いました。テンポ性重視なのか、スムーズに進んだ映画でしたが良かったと思ったのはここまでだった印象です。三葉が町長である父をどうやって説得して町民を退避させたのか、瀧はあの山奥からどうやって1人で帰ったのか、そしていきなり彗星落下から8年(瀧視点だと5年)すっ飛ばされたのがとても印象悪かったですね。間に起った事を説明すると、説明じみた台詞が長くなってしまうからかもしれませんが、いきなり瀧が就職活動している所で突き放された感じがしました。高校生だった瀧はいつのまにか大学生になってて建設会社の面接を受けてるとか、今までの登場人物が出てきて年数経過で色んな事が起こってたのを画面で見せるだけで説明が少ないので一々考えないといけないのがイライラしました。瀧はこの5年の間に奥寺先輩との仲が進展せず、知らない所で奥寺先輩は知らない男と婚約しているというのを指に嵌めてる婚約指輪を強調するカットでデートに失敗したシーンと同じぐらい心が抉られた感じです。

 

大学生で職活してる瀧は、相変わらず彼女がいないというのは高校時代から女性との接点がなく、先輩とのデートが上手くいかなかった件で何の違和感もありませんでした。「三葉らしき女性」と電車ですれ違ってその女性を追いかけて、その女性に声をかける所でぶつ切りで終了するのですが「これから先はご想像にお任せします」というのが強い終わり方だと思いました。もしかしたら「三葉らしき女性」は彼氏がいるかもしれませんし、結婚してる可能性だってあるので、再会したにしても恋愛ものの終わり方にしては苦いかなと。ヒロインである三葉は瀧が動いた事で命を救われましたが、三葉を救った瀧は何か報われたのかなと疑問に思います。瀧と三葉は入れ替わった時の記憶の大半を失っているので、経験がリセットされて成長していないようなものです。瀧の日常描写が薄かったので、瀧が高校を卒業してどうしたかったのか曖昧ですし、三葉の方は田舎が嫌だから東京に行きたいと言ってるだけでこれも先は何がしたかったのか不明です。彗星落下からヒロインの命を救うというクライマックスに持っていくために、瀧の人物描写が足りなかった部分がオチで突きつけられたかなと思います。本来なら死んでる筈の三葉や町民が生き残ってどうなったのかというのも、ネットの記事のカットとか

三葉の友人が結婚してるという場面で分かる程度で、曖昧で終わったのがこれまた微妙でした。瀧は見た風景を記憶してデッサンできる能力があるのに、内定が取れないという事で社会から必要とされてないのを見せられるのは救いが無くて嫌な部分でしたね。

 

ストーリー上に色々と粗はあるが、テンポ重視で間延びせずラストシーンまでは楽しい映画でした。最後の8年後(瀧視点は5年後)の見せたいシーンだけ見せて説明しない所で納得いかない部分が多くて、終わり悪ければすべて悪しって感想です。ラストシーンで年月は飛ばさず最後の入れ替わりのシーンで、山奥で倒れてる瀧を3年経過して大人になった三葉が見つけて、飛騨駅まで送り届けて終わるって流れで、お互いの記憶はもうないけど街の人は生き残ったし瀧の進路はこれから決めるって感じで終われば満足だったかなと思います。