読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

失楽天2016年7月号の感想

エロ漫画 おねショタ

f:id:BRAVIA40W900A:20160622000402j:plain

人妻推しという事で人妻ものが4本載ってました。うち2本は旦那が話に絡んで背徳感がありますが、後の2本は旦那が出てこず女性上位で年下の男の子をリードする背徳感が無い女性上位の内容になっています。

おねショタの方は2本で「筆ならし」が続き物の4話目になります。

一通り読むと続編が同時に4本載ってたので驚きました。

 

・トリパコ

「セックスライフ(2015年9月号)」の続きで、前回は絵画教室に通ってる少年が同じ教室に通っている人妻3人にお持ち帰りされて筆おろしされるというハーレムものでした。今回は乱交ものではなく、絵画教室を休んでいる少年の家に人妻が1人ずつ通って3通りのプレイを見せる内容になっています。1~2人目でパイズリやクンニなどの基本的なプレイをやってしまっているので、3人目で女装プレイを入れてオチを付けた所が見どころかなと思います。

 

・ナマ菓子の味

人妻ものですが外見は若妻で色っぽいお姉さんという感じです。少年の隣の家に住んでる人妻が、お菓子をおすそ分けにくるけど実は少年狙いだったという話でした。若くて美人で巨乳の人妻にドキドキする少年と、人妻が少年に欲情して手を出す一連のコマの流れが細かいです。全身舐め→パイズリ→挿入と基本プレイから終盤になると受身だった少年が一転攻勢して人妻をイカせる締めになりますが、人妻がお掃除フェラしてくれるのであくまでも女性上位という印象です。

 

・筆ならし

書道の先生と生徒の少年のおねショタの続きですが、書道教室から離れてテレビの仕事が多くなった先生と付き人の少年という関係になってます。これまでの話は先生に主導権を握られてイカされる少年という要素が強かったですが、今回の話だと付き人になった少年の視点で話が進んで日常描写が細かいです。先生の事が好きになった少年がペットで終わりたくないと先生をイカせたり、付き人として先生にテレビ映りのアドバイスをしたりして徐々に先生から認めて貰えるわけですが、良い話で終わりそうな所にギャグで話を締めるのが今までにない感じで斬新でした。少年の作画により力が入ってて可愛かったです。

 

・ゆうわくおとまり

少年とお姉さんが従妹同士で、少年がお姉さんの家に泊まりにくるというお約束の展開なおねショタでした。少年の名前がゆうくんというのもおねショタで多い名前です。お姉さんの視点で話が進むので、エッチな事に積極的なお姉さんがゆうくんにおっぱいを吸わせたりフェラしてからの挿入させてあげるという感じですが、破瓜描写はないですが話の流れ的に処女だと思うので筆おろしではないかなと思います。