AVアンプ VSA-1130を買った

f:id:BRAVIA40W900A:20160303225128j:plain

 

f:id:BRAVIA40W900A:20160303225131j:plain

f:id:BRAVIA40W900A:20160303225135j:plain

 

使ってるアンプがYAMAHAのAX-1500でBDのドルビーTrueHDなどの音声フォーマットに対応しておらず、さすがに時代遅れだったので買い換えた。

アンプが壊れてないのに新しいものを買うというのは抵抗感があったが・・・

最初はONKYOのTX-NR646を狙っていたが、5万まで下がっていたのに気づかず、いつの間にか5万5000円ぐらいになっていたので悔しい思いをして買う気が削がれた。

どうせならもう少し高いのを買おうと思ってVSA-1130を購入。

AX1500はフロントスピーカーをAとBで切り分けられてテレビ用とPC用のスピーカーを繋いで使っていたが、今は切り分けられる機種が少なくなってるようで。

VSA-1130もフロントスピーカーを2つ繋げて切り分ける機能があり、AX1500のシステムがそのまま使えて丁度よかったので結果オーライ。

肝心の音質は・・・AX1500だとBDのボーンスプレマシーのカーチェイスシーンで籠って聞き疲れするような音を出していたが、VSA-1130はクリアで聞き疲れしない音を出す。さすが次世代音声フォーマットと言うべきか。もう元には戻れない。

2ch音声はピュアダイレクトモードだとあまりAX1500と変わらない気がするものの、ダイレクトモードだと自動音場補正が効いて低音が強調され聞きやすくハッキリとAX1500より良くなったと分かる。

買ったばかりでまだ使いこなしていないものの「MCMCC Pro」の自動音場補正が素晴らしく、補正が効いてないモードと聞き比べると、スピーカーの実力を引き出して聞きやすい音を出しているので衝撃を受けた。

前に使ってたAX1500は定価10万で安いアンプではなかったが、VSA-1130は自動音場補正機能だけでもAX1500を遥かに上回っており、買う価値があったと感じた。