読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キン肉マン 第125話

漫画 キン肉マン

bookstore.yahoo.co.jp

ついに正義・悪魔超人連合軍と完璧超人軍の対戦カードが決まりました。

 

ガンマン-バッファローマン

ネメシス-ラーメンマン

ジャスティスマン-テリーマン

サイコマン-ブロッケンjr

 

となりましたが、ガンマン-バッファローマンの対戦カード以外、予想がまるっきり外れて驚いています。バッファローマンはサイコマンと第2ステージで戦ってるので、第4ステージで再戦するのはさすがにないのではないかと思っていたのですが、やはりガンマンと当たりましたね。

 

今回戦う正義超人と完璧超人は直接的には因縁がありませんが、負けた超人と関連付けて因縁を持たせてきていますね。

 

ネメシスはロビンマスクを倒したので、ロビンマスクをライバル視していたラーメンマンがネメシスと戦って実力を確かめたいと言う。

ジャスティスマンはアシュラマンを倒したので、アシュラマンをライバルだと自負しているテリーマンが仇を討ちたいと言う。

サイコマンは試合前にザ・ニンジャを叩きのめしたので、超人血盟軍で同じチームだったブロッケンjrが戦いたいと言う。

 

上手く今までの流れを試合の組み合わせに絡ませてきて面白いと思います。

キン肉マンがネメシスと戦うと思っていましたが、完璧超人が超人閻魔を守るために戦うように、正義超人たちもまたキン肉マンを守るために戦うというのは、立場は違えど大将を戦わせないという目的が一緒で驚きました。

ウォーズマンはネメシスと戦いたいと意思表示していましたが、ウォーズマンもまたロビンマスクに正義超人のリーダーに任命されているので、ラーメンマンが先に戦うというのも重要なポジションを任されているんだなと感傷深かったですね。

ウォーズマンは旧シリーズだと真っ先に戦って戦闘不能になる噛ませ役のイメージが強く、どちらかと言えばラーメンマンの方がリーダーに向いていると思いますが、今回だとウォーズマンが見守る側に回るのは新鮮ですね。

 

サンシャインが実質無傷で戦わないのが驚きましたが、アシュラマンの仇をテリーマンに譲るという流れは夢の超人タッグ編を読んでると友情が出来てて面白いですね。

テリーマンが負けたら俺が行く」と言っているので先行き不安ですが・・・

 

正義超人のNO2のウォーズマン、悪魔超人のNO2のサンシャインが今回は戦わないポジションというのは共通点があって面白いです。

 

バッファローマンはサイコマンとの戦いで悪魔超人として覚醒し、7000万パワーを超える力をもっているので、ガンマンと対等に戦える事が出来て勝ちそうですが、あとの正義超人3人は全滅しそうで嫌な予感がしますね。

正義・悪魔超人連合軍は控えが多いので今回で脱落者が増えるのは致し方ないのかもしれませんが。

 

予想を超えて面白い展開になっているので、このストーリー展開の上手さはさすがだと思います。始祖たちは悪魔六騎士を圧倒的に打ちのめした連中なので、正義超人がどこまで食い下がる事ができるか、がこれからの見どころでしょうか。