読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ISUCA 2話

ISUCA アニメ

このアニメは突飛な展開の連続で、感想を書くのは難しいので箇条書きにします。

・開始早々、盛大なBGM

・前回の続きなので朔耶はパンツ一枚にブレザーだけの恥ずかしい姿

・恥ずかしい恰好の朔耶が弓を構えながら「妖魔は人間に害を及ぼす」と説明を始める

・朔耶が弓を落とす瞬間を足だけ映すことで省略

・朔耶が真名の説明をした後に、タマ子が真一郎の頬にキスすると、真一郎がタマ子の真名が分かってしまうスムーズな展開

・今まで弱気だった朔耶がタマ子の真名が分かると強気になる一転攻勢

・今更、朔耶が恥ずかしい恰好な事に気づき恥ずかしがり、気が動転して真一郎に弓矢を放ち「殺す気か」と言われる

・タマ子が真一郎に抱き着き、胸が真一郎の顔に当たるラッキースケベ

・学校から朔耶の家まで帰る描写が省略。一瞬で画面が切り替わる。玄関から家に入る描写すらない

・朔耶の姿はパンツ一枚でブレザーのままなので、この姿で自宅まで帰ったと思われる

・いきなり出てくる撫子

・場面が切り替わると、朔耶が自室でパンツとブラジャーを付けて着替えをしている突飛なサービスシーン

・撫子が朔耶の事情を真一郎に説明する場面で画面が動かない

・一瞬で着替えが終わっている朔耶

・ゴミ袋だらけで本当に汚ない部屋の描写

・画面が動かない校門の風景

・既に教室に入っている真一郎

・同級生の女子が真一郎に1話で出血多量の生徒で倒れていた生徒の事を「撫子先生が来たので助かった」と説明する

・朔耶が真一郎の襟をつかむが、掴んでいる手しか動かないシュールな画面

・場面が切り替わると女子更衣室になり女子生徒の下着姿が

・場面が切り替りるといきなり科学室で、タマ子がいきなり真一郎に抱き着く突飛なサービスシーン

・キャラの顔が崩れてたり、真一郎の前髪が△になってなかったりする

・下着を履いていないタマ子

・女子更衣室のロッカーからいきなり出てくるねずみの大群

・女子生徒がねずみに襲われ、不穏なSEのCMアイキャッチが入る絶妙なタイミング

・ブラジャーとパンツが飛ぶだけで、具体的にどう脱がされたのかは描写しない

・廊下を走る真一郎たちだが、学校内では騒ぎになってなかったり、廊下にモブのキャラがいなかったりして不自然

・女子生徒が裸の状態で鼠に喰われて血を吹きだすいるグロ描写だが、黒い霧がかかっていてよく見えないシュールな光景

・真一郎たちが女子更衣室に来ると、鼠がいない

・女子生徒が股をひらいて「鼠に喰われる幻覚」を見ているが、黒い霧や白い光でよく見えないのでこれまたシュールな光景

・冷静に「幻覚だわ」と説明する撫子

・朔耶は1話でムカデ女を殺したのに「鼠とかゴキブリとか大っ嫌いなんだってば」と鼠にビビって動けない

・窓から逃げた人型の妖魔をタマ子が追いかけるが、タマ子はパンツをはいていないので股間が一瞬真っ黒になるシュールな光景

・場面が切り替わるとタマ子と鼠の大群が闘っているが、タマ子に向かってくる鼠以外は動かないシュールな光景

・タマ子「猫は恩を忘れない」朔耶「恩を忘れないのは犬よ」

・いきなり具合が悪くなるタマ子と、それを精気がないからと説明する朔耶

・唐突に地面が割れて地下に落ちる真一郎たちだが、穴が深すぎて転落死しそうなぐらい深いのに「いてて」で済む

・真一郎の顔に朔耶の股が上に伸し掛かっている、顔面騎乗位のラッキースケベが起こる

・朔耶が打った弓をキャッチする鼠のシュールさ

・鼠が朔耶の顔面の所まで来た時のギャグ顔

・グロテスクな妖魔を見慣れている朔耶が鼠で気絶・グロテスクな大量の鼠が合体した妖魔のデザイン

・タマ子と真一郎のキスがディープキスでねちっこく「すごく濃くて美味しい」と意味深な表現

・精気を吸い取って姿が大人のお姉さんになったタマ子が、妖魔の眼球に腕をぶち込んで血が出るグロ描写

・タマ子の演技が変身後に合わせて変わっている

・タマ子がボス格の妖魔に何をしたかはマンホールが光っただけで省略

・場面が切り替わると真一郎たちと撫子が朔耶の家に集まっている所から始まり、移動する描写を省いている

・撫子が真一郎に付けているヘッドギア

・撫子が精気の説明をする時に画面が動かない間がある

・真一郎と朔耶がテーブルで飯を食べているのに、元猫のタマ子が地面に這いつくばって飯を食う光景

・真名がタマなのに新しくつける名前がタマ子