おねショタ

おねショタという単語の起源は定かではないものの、この単語が流行ったのは艦これのサービスが開始された2013年頃なのがグーグルトレンドのデータとしてハッキリと分かります。Twitterで「愛宕はおねショタ向け」というツイートがRTされてるのを見てから、自…

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?の拗らせた見方

男子中学生の主人公が色っぽい同級生の女子をどう見るか?という表情の変化を楽しむ映画です。よく「君の名は」と比較されますが、あちらが超常現象で時間を遡って隕石からヒロインの命を救う話なのに対して、こちらは駆け落ちという名のデートを失敗する度…

原作版(実写版)「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」の感想

アニメ版を見てから原作版を見たのですが、原作は小学生の話なのにアニメ版は中学生の話に改変されているんですね。原作の小学生という自由だった頃のイメージをそのまま、アニメ版は部活とか勉強で忙しくなってくる中学生に持ってくるのは今考えると違和感…

アニメ映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」の感想

ヒロインより隣に並んでいる男の子の身長が低い身長差萌えを強調したポスターやPVに惹かれて、この作品に興味が出てきたですが公開時にボロクソにこき下ろされてるレビューを読んだ時に笑ってしまって結局見ませんでした。良くない印象のまま公開から一か月…

PS4版のサムライスピリッツ零 SPECIAL

家庭用に移植されたのがネオジオ版だけで、プレミアと化してる格ゲーだったため今更PS4に移植されたのはビックリしました。それも1000円で熱帯付きとは・・・ 天草降臨のグラフィックの使いまわしが多いので見た目の目新しさは感じませんが、システムに大幅…

柔軟体操 その3

柔軟体操を始めて一週間が経ちましたが、体が思うように曲がって以前より疲れにくい体になったので良かったです。最低でも一か月はしないと効果はでないかな・・・と思っていましたが一週間で効果が出たという事に驚いています。長い時間PCをする事が多いの…

柔軟体操 その2

本の内容は各部位に合わせたストレッチを複数の中から選んで、自分にあったものを選び実践するというものですが、最初から最後までやると1時間近くかかってしまうので毎日続けていくというのは難しいです。そのせいか本の最初に体が曲がるか曲がらないか自己…

柔軟体操

体が硬くて動くと痛いのがどうにもならないので、この本の内容を試してみます。最低でも1ヵ月は続けて効果を実感したいです。

トランスフォーマー最後の騎士王の感想

ロストエイジが新3部作の1作目だと思ってたのですが、最後の騎士王が1作目という事でストーリーの流れは旧三部作→ロストエイジ→新三部作になります。とはいえ今作がロストエイジの登場人物を引き継いだ話なのは変わらないので実質4部作かなと思います ロスト…

ビル・エヴァンスについてのいくつかの事柄

ビル・エヴァンスが生まれてから死ぬまでの人生を、関係者の証言と資料を元に書いた伝記です。エヴァンスの音楽は「騒がしくなくリラックスして聞ける」「退屈しない」「繰り返し聞いて飽きない」という理由でCDをいくつも買ってますが、そうして聞いてる音…

8月9日の雑記

・水出し珈琲ポット アイスコーヒーを熱湯でドリップして冷蔵庫で冷やして待つという一連の作業が煩わしいので、水出し珈琲ポットを買って試してみました。説明書の図には「1000mlの量を作るには80gの豆をフィルターに入れる」と書いてあるのですが、自分で…

坊ちゃんはきかん坊(快楽天2017年9月号)の感想

坊っちゃんとメイドのおねショタですが、導入に8ページ割いてるので4ページになるとエロ展開になりがちなエロ漫画にしては珍しい方です。無表情でやる気がなさそうなメイドが、生意気な口調の坊ちゃんが写真をオカズにオナニーしてるのを偶然見てしまって弱…

2017年の夏アニメ

エロ枠が「はじめてのギャル」しかないのでそれしか見る気が起きないですね・・・監督(キャラデザ兼任)が「おくさまが生徒会長」と同じなので一定の質は保証されてるかと思いますが、PVの映像を見た印象だと声優の演技がイマイチなのは「おくさまが生徒会…

冷湿布睡眠法

眠りが浅い、疲れが取れない、起きるとだるい・・・そういう悩みに長年苛まされていて、運動やストレッチで多少は改善したものの完全ではなく。 そこで今話題の冷湿布睡眠法を試してみました。 gomadare.info 小指とこめかみと足の裏にやってますが、ハッキ…

日記(7月12日)

長年、慢性的な体のダルさと寝つきの悪さに悩まされてきましたが、原因は長時間に渡ってPCをやる事で姿勢とか目に負担が掛かかってるのは分かってるけれどもネット中毒なので歯止めが効かず・・・ 運動をしない事には体のダルさは改善できないので、朝起きて…

ガンダムバーサスの個人的メモ

シャフしかしてないです。 ・アメキャン等の降りテク、アシスト攻撃の全削除で性能が変わった機体がやたら多い。 ・射撃が全体的に強化されているので、足を止めずに射撃を垂れ流す機体が単純に強い。ブーストが減ってる状態で着地する、足を止める武装を出…

ガンダムバーサス体験版の感想(6月27日)

とてもラグかったです。対戦前にエラーが出て対戦出来ない事が多くてイライラしましたが、発売日までにマシになるんでしょうか? ・νガンダム 格CSからのメインで降りテクが無くなったので弾幕が微妙に。FFの誘導は上がってますが足を止めて打つ武装はリスク…

ガンダムバーサス体験版の感想(6月26日)

今日から発売日まで毎日、21~22時の間に体験版が出来るという事で嬉しい限りです。念願のマラサイが使用機体として復活してたので一択で使いました。 コスト200なのに誘導がいいBRが3連射で手動リロード、スタン属性のサブ、出すまでのモーションがやや長い…

ガンダムバーサス体験版の感想(6月10日)

前回と使える機体は変わらないのですが、ラグが前より酷かったです。重すぎて対戦が終了したり、対戦中に急に重くなってコンボがミスするような場面に遭遇しました。 射撃がもの凄く引っかかるゲーム性になってるので、アラートのチェックとガードが今まで以…

ガンダムバーサス体験版の感想(6月8日)

前回までは妙にラグがあって、途中で止まったり引っかかるようなプレイ感だったのですが大分マシになりました。スピード感がなく妙に重く感じるゲーム性は相変わらずです。使える機体の一部が変わったのですが、強機体と思われるマラサイが削られてたのがシ…

ガンダムバーサス体験版の感想

この前のβテストは抽選に外れたのですが、今回はその時の応募券をDLしていたら全員βテストに参加できるという事でプレイしました。 2時間しかプレイできませんでしたが、全体的に未完成な雰囲気が漂っていて、これが7月に発売するゲームなのかと思うと不安に…

ホットミルク2017年3月号の感想

今月は竿役がショタかな?と思ったら成人設定だった反面、ロリ系ヒロインはロリ設定だったので対照的でした。読みきりと続きもの含めて乱交ものが多かった印象です。全体的に女性上位の傾向で凌辱的な要素は薄かったような印象を受けます。 ・ぼくたちこれか…

レガリアの感想(その1)

ロボットアニメと言えばもはやロボの部分がCGが当たり前で、手書きのロボアニメの方が少くなってる中に本作が手書きという事なので期待して見てました。近年の深夜アニメで手書きのロボットアニメはダイミダラー(2014年)しか思いつきません。 美少女×ロボ…

失楽天2016年12月号の感想

いつもより年下ヒロインが多い傾向で、竿役がおっさんの作品も多かったです。ストーリーを捻ってる話が何本かあって実験的な号だったのかなと思います。「スクールフェスタ」「クロユリの蜜」「マイヤさんのけーざいかんねん」が続編です。 ・快感エクスペリ…

ホットミルク2016年12月号の感想

ヒロインが処女で、初体験の快感でイカされる的な作品が多かったです。その中でも破瓜(流血)描写があるのとないのとで分かれるのが面白い所ですね。ヒロインがメガネの作品が3本連続で載ってたり、貧乳ヒロインが2本あったりとそっちの方向でも攻めた内容…

快楽天 2016年12月号の感想

前に買った2016年9月号は紙質がペラペラで持つと曲がって読みにくかったのですが、今月号は紙質が元に戻って読みやすくて良かったです。 ・ゲーセンの姫 格ゲーで全国大会に出る程度の腕を持つお姉さんが、自分より格上の男の子に格ゲーでボコボコにされてし…

失楽天 2016年11月号の感想

いつもより男性上位でヒロインが流される系の話が多かったです。女3人男1人の4P「フラグこれくと」竿役にヒロインが弱みを握られて凌辱される「スクールフェスタ」お姉ちゃんが男の子を筆おろしする「わるのりおねえちゃん」は各作家の前回掲載分の作品…

映画 君の名は の感想 (箇条書き)

前回の記事が長すぎたので短くするつもりが、結局長くなってしまった。 ・テンポ重視で間延びせずに最後まで何となく観れた映画だった。その反面、辻褄が合わない所が多かったり説明せずにぶん投げて終わった部分があるので、観終わった後に感動は無かった。…

映画 君の名は の感想(ネタバレあり)

「君の名は」は大ヒットした映画との事で、ここ最近は毎日のようにテレビニュースで取り上げられまるでCMのように本編の映像が何度も流されています。断片的な映像からは「入れ替わりもの」「青春もの」「恋愛もの」という印象が強くて、そういうのに興味…

めしあガールの感想(コミックシグマ2016年11月号)

有馬侭先生と言えば「天然恋色アルコール」に収録されているおねショタ「ヒミツノハナゾノ」3部作のイメージが強いです。家庭教師ものでショタの名前が「ゆうくん」だったり、お姉さんがリードする筆おろしをする王道的な作品でエロアニメ化まで果たしている…