読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホットミルク2016年11月号の感想

f:id:BRAVIA40W900A:20161005224325j:plain

基本的にエロ漫画誌は表紙買いしないのですが、今回の八宝備仁先生は好きなイラストレーターだったので表紙買いしそうなほど素晴らしい表紙だと思いました。表紙と連動した官能小説のページは黄色っぽい塗りでいつもと印象が違う感じがします。

巻頭カラーの「箱の中の世界」がスレンダー体型の女の子が、廃墟の小屋でエロ雑誌をオカズにひたすらオナニーする内容でセックスがないので珍しいカラー漫画です。

漫画の方は年上ヒロイン系の作品が多く、筆おろしものだけではなく年下の男が攻めるパターンも載っててバリエーションが豊かです。母娘丼が2本載ってるのが珍しいですね。

 

・溺惑ディスティネーション

男の子がヒロインの家に居候している設定で、最初にヒロインの母からお風呂でパイズリで抜いてもらう流れから始まります。途中でヒロインが帰ってきたので本番までは行かず、なし崩し的に母親丼の3Pになりますが、ヒロインに挿入してからヒロインの母に挿入する流れです。破瓜描写がないので血は出ませんが処女っぽくて男の子が好きなヒロインの恥じらいと、経験豊富そうで男の子をリードするヒロインの母のエロさが一粒で二度美味しい話でした。

 

・シコシコ監視員のおしごと

男の子がスマホの広告をクリックしたせいで、国から派遣されたシコシコ監視員でお姉さんに監視されるというぶっとんだ設定の話です。お姉さんに逆らったら違反になるという意味では女性上位ではありますが、優しくひたすら抜いてもらうという流れになります。男の子が四つん這いでお姉さんに扱かれる描写に数ページかけていて、おちんちんを扱かれたりアナルに舌を入れられて果てる所は、男の子の恥じらいが伝わって来て良かったです。後半の筆おろし描写も優しくお姉さんがリードする感じですが、男の子が気持ちよくなってる表情とか、お姉さんのおっぱいに恥じらう表情も描かれていて、おっぱいを吸いながら腰を振る感じで好みでした。

 

・レイカは華麗な僕のメイド(8話)

ソーププレイですがレイカの肉体は一緒でも中身の人格が違うという話でいつもと違う感じでした。レイカに主導権を握られるのはいつも通りですが、レイジが後半でアナルに挿入する所で主従関係が逆転するのが面白い所です。エロよりストーリーの謎が気になりました。

 

・都会だったら普通だろ・・・!!

男の子が2つ年上のお姉さんと再会するという話ですが、お姉さんが元ヤンキーなので口調と行動が乱暴だというのがギャグ漫画っぽい感じで強調されています。飲食店で働いてるお姉さんは元ヤンだと年下の男の子にバラされたくないので「えっちさせてくれたら許す」という冗談を間に受けて本当にヤラせてくれるという流れですが、お姉さんがリードするのではなく尻に敷かれっぱなしだった男の子がリードするという形です。破瓜描写は無いですがお姉さんが元ヤンなのに処女っぽい感じで、感じたり恥じらったりするギャップが前半と打って変わって印象が変わってきます。タイトルは男のがお姉さんに女の子らしい下着を付けてる理由を聞かれた時の、お姉さんの台詞です。

失楽天2016年10月号の感想

f:id:BRAVIA40W900A:20160924212854j:plain

表紙がニコニコ動画を意識したデザインで、コメントと作家名がごっちゃになっているので混沌としています。他のエロ漫画誌の表紙より目立つのである意味大成功なのではないでしょうか。表紙と連動した感動のカラーページはオナニーの自撮り撮影を生配信するという設定でセックスしない内容なので、これまた斬新な感じです。時事ネタのせいか、夏をテーマした作品がやたら多かったです。水着ものだけでもビキニ・競泳水着・スクール水着と種類が豊富で浴衣ものが2つ載ってました。人妻ものが1つしかないので失楽天にしては少ない感じですがその反面、人妻ではないヒロインに筆おろしされる系の作品が多くなっています。褐色で金髪(?)ギャル系看護婦に入院中の冴えない青年が筆おろしされる「真夜の太陽」、冴えない男子学生の同級生は実はビッチで円光の口止めとして筆おろしされる「うらののか」、酔っ払ったお姉さんに男子学生が1年前に筆おろしされたという前フリから話が始まる「なつまつり」が印象的でした。

 

・夏蜜姦

一応カップルという設定ですが、彼氏の方がヒロインより身長が低くて体格差がある感じですが台詞を読む限りだと年齢差があるかどうかは分かりません。だらしないヒロインのアパ―トに彼氏が来て世話を焼くという導入ですが、ヒロインはおっぱいを家で丸出しにするほどだらしないので彼氏が恥じらうのが強調されています。欲求不満が溜まったヒロインが彼氏を誘い受けするという流れなので、ヒロインが竿役を押し倒す女性上位系の話とは違う形です。ヒロインの部屋にはエアコンが付いてなく汗だくなので、おっぱいを吸った彼氏がしょっぱいマシュマロみたいだと表現するのが面白いですね。

誘い受けの話なのでヒロインから言われるがまま彼氏が正常位で腰を振るという形にはなりますが、途中でヒロインに逆転されてそのまま搾り取られて終わるので最終的には女性上位の終わり方になります。

 

・おさそいともあね

いわゆる友達の姉もので「友達」は男なのでヒロインが2人いるという形ではなく話にあまり関係ないです。友達の姉に男の子が筆おろしされるというお約束的な流れですが、お姉さんは「男の子は清楚な女の子が好きだもんね~」と吹っかけますが男の子は「やらしいお姉さんで最高だと思ってます童貞卒業させてください」とノリノリなので男の子がイカされる系の筆おろしものとはやや違う感じです。男の子が巨根という設定で、お姉さんが巨根が好きなのでフェラやパイズリ描写でその大きさが強調されています。お姉さんが騎乗位で男の子に圧し掛かって童貞卒業ですが、男の子の巨根にお姉さんがイカされる描写がメインになって終わります。オチは男の子の巨根にお姉さんにメロメロになったという感じです。

実話の奈倉先生がおねショタっぽい女性上位の話を書いていた

実話の官能小説といえば、女性がセックス体験談を告白するという設定で書かれた短い小説です。文字数が少ないので3分程度で読める気軽さと、一週間に何度もアップされる更新頻度の速さで、常に笑いとエロを求める俺にとっては中毒性があるサイトになっています。

タイトルで思わずクリックして読みたくなる惹きつけるような見だしと、短い文字数の中でストーリーを作り起承転結とセックス描写を入れてオチを付けるというのは、並ならぬセンスが要求される事だと思います。

 

女性が投稿してきた設定という事で、女性の職業と年齢はまず先に表記されるのですが、相手の男性はどういう設定なのかというのは体験談風の文章の中で説明される形になります。年齢が○○代だとかサラリーマン風の男だとか説明が細かい場合もあれば、夫や彼で大ざっぱに説明される事もあります。

そこで今回の作品なのですが、今までのパターンをなぞらない斬新な作品だと思いました。

 http://wjn.jp/article/detail/8099808/

タイトルは「旅行で知り合った男と再会し終始リードのセックス調教」となっていますが、本文では「男の子」です。この男の子に関する説明がかなり少ないのが特徴で「リードしてもらうのが大好き」と「羊のようにおとなしい」ぐらいしか人物を表現する説明がありません。相手の男性が年下でも、いつもなら大学生だとか定時制高校の生徒で26歳だとか未成年ではない事がわかる説明が入るのですが、あまりにも説明が少なくて未成年かもしれない際どさを感じさせられます。

これまでの筆おろし系の話は何度かありましたが、相手側の男性の説明が多く入る形になる事が多かったです。しかし今回はそれが削られてるので女性の独白の部分が多い印象を受けました。

 

ストーリーの流れとしては28歳の高校教師の女性が、前の旅行で偶然知り合った男の子をデートに誘って食事の後にプールに連れて行って青姦するという話になっています。

女性の焦りと性欲の高ぶり、男の子の積極性のなさと性的な事に疎い感じが女性上位のエロ漫画に近いものを感じました。

デート後に自宅に連れ込もうと思ったがストーカーになられても困るから、人が絶対に来ない水の無いプールで青姦するという展開はじゃあラブホテルでいいんじゃないか?と思うぐらいぶっ飛んでますが「ティーンの頃に彼氏とエッチした場所」だと語られてるので、女性が経験者で尚且つ未成年の時にラブホテルに入れない代わりに使ってた場所という事を想像してまいます。もしかして男の子がラブホテルに入れない年齢ではないかと邪推も。

本番の描写は女性が男の子にクンニを要求して挿入まで指示するというものですが、男の子を気持ちよくさせる筆下ろしの要素よりも、女性が気持ちよくなりたい女性上位の気が強い展開になっています。ここで新しいと思ったのは、女性がイク描写をオチに持って来ない所です。エロ漫画と似たようなもので官能小説も女性がイッて大体終わりなのですが、今回では女性がイク描写は先に済ませて男の子がイクのは女性が許してからといった流れになっています。タイトルで「終始リード」と謳ってるだけあって、女性が男の子にイカさせられて終わるのは逆転に感じなくもないので、女性が男の子にイクのを許してやっと射精できるというのは女性上位の気がより強く感じました。

奈倉先生は女性がイク時や相手の男性に甚振られた時にに「ギャーッ」という台詞を使う頻度が高く、読者にネタにされたり官能小説の自虐ネタに使うぐらいですが、今回ではなんと男の子が女性に乳首をつねられて「ギャーッ」と叫びながら射精する形になっています。奈倉先生の作品でいつも「ギャーッ」と言わされる側の女性が、今度は年下の男の子を「ギャーッ」と言わせることでオチを付ける、これは斬新で女性上位の極みだと思いました。

 

奈倉先生の新天地を見せられ驚愕した秋のこの頃です。

ホットミルク2016年10月号の感想

f:id:BRAVIA40W900A:20160907004307p:plain

全体的にカップルのイチャラブと年上ヒロインの女性上位的な話が多いです。最後のロリ系の漫画がコンビニ誌にしては際どい感じがします。女社長と部下というネタの作品が2本も載ってるのが珍しいですが「女社長の野望」が竿役を強調した作風なのに対し「あなたに支えられたい」が竿役を極力描かない作風なので、同じ女性上位の作品でも対比的な印象です。

 

・女社長の野望

女社長と秘書がショッピングモール建設予定地で何もない土地にベッドを敷いてやるというぶっ飛んだ話ですが、秘書が美形で女社長よりも微妙に身長が低く描かれているので、攻められる秘書の表情が見えるような構図が特徴的な作品になっています。見開き2Pの2/3を使うページを跨いだ構図が多いのも他の作品にないような感じで斬新です。フェラ→パイズリ→騎乗位という流れですが秘書の表情が描かれたコマが挟まれるのが細かいです。見どころは14P目の1Pを丸々使ったヒロインと竿役の全体が見える構図の騎乗位かなと思います。後半になると秘書が攻めますが、露骨な逆転というわけではなく女社長がイク表情を描きつつも秘書が絞りとられる表情も描かれるというどちらに偏る感じでもない正常位や騎乗位の流れで終わりましたが、行為で使ったベッドをショッピングモールの床にガラス張りで展示しているというシュールなオチに笑わされました。

快楽天2016年9月号の感想

f:id:BRAVIA40W900A:20160823231737j:plain

サマータイム

野球部の男の子が、田舎に帰省してきたお姉さんが寝てる寝てる所を睡姦する内容です。睡姦は「いつヒロインが起きるのか」という醍醐味がありますが、この漫画は最後までお姉さんが起きません。なので睡姦台詞がほぼ無い状態で、お姉さんがいつ起きるのかハラハラする男の子を見せる話になってます。最終的に男の子はお姉さんに怒られますが、男の子のいきなりの告白にお姉さんが会話を逸らして終わるボカした終わり方です。

 

ワンダーフォーゲル

男の子が山奥の秘湯に1人で来て、温泉に浸かってると突然お姉さんが入って来たという流れから話は始まります。秘湯なのでキャンプで寝泊まりするしかないが、お姉さんはテント一式を猿に盗まれたので男の子のテントに泊めてほしいとお願いしますが、男の子のテントは1人用なので狭いです。そして男の子とお姉さんが体をテントの中で密着させて寝ますが、なかなか寝れないのでお姉さんが手コキしてくれます。手コキといっても上下にしごく形じゃなくて、お尻の穴から前立腺を刺激して射精させる形になるので珍しいです。そして本番しようかという流れになりますが、お姉さんは彼氏がいると言ってるので男の子は後ろめたさを感じますがなし崩し的に押し倒されてしまいます。騎乗位→後背位をしてる途中で、お姉さんがイク前に男の子が果ててしまったのでお姉さんがまた無理やり騎乗位をする形になり、お姉さんはイクけど男の子は失禁してしまうというフィニッシュです。その後はお姉さんが疲れて寝てしまった男の子のおちんちんを拭いてあげるというやさしさを見せますが、翌朝起きれなくなって疲れた感じで終わります。筆おろしものですが、男の子とお姉さんの心理描写が細かくてどちらの視点でも読めて、男の子が絶倫でお姉さんがイカされて終わるというテンプレ展開から外した作品になっているという感じです。

 

・オトナになった君へ

男の子の誕生日に幼馴染のお姉さんがお祝いに来てくれるという設定で、両親は実家に帰省しているので家にいません。24Pでコマ割りがかなり細かい作品で、男の子とお姉さんが一緒に成長する過程がコマごとに丁寧に分かるように描かれています。男の子はお姉さんをエッチな目で見るようになりますが、これが中盤以降の伏線になるのが面白いです。お姉さんのプレゼントのDVDを一緒に見る事になりますが、内容が「お姉さんがオナニーしている映像」なので男の子は驚きつつも興奮します。ビデオを見てエロいと思う男の子の心理描写と、男の子の反応を見て言葉攻めをするお姉さんはローションで手コキをしてくれる流れがやたら細かいです。ここでお姉さんが実はドスケベで男の子がエッチで見てる事を知っていたという告白して、騎乗位で本番の流れになりますが下着は脱がないので着衣プレイの要素が強く、下着の書き込みに驚かされます。そこからパンツとブラを脱いでストリップ要素があるような感じで後背位→正常位でフィニッシュしますが、お姉さんの本心は曖昧なままでこれもまた男の子の気持ちに答えないボカした形で終わります。お姉さんのオナニー描写と、筆おろしをされる男の子の心理描写と、男の子をリードしながら受け入れるお姉さんの女性上位的な描写で一粒で3度おいしい作品になっている感じです。

 

・あたり

駄菓子屋でアイスの当たり棒を100本集めた男の子が、駄菓子屋のお姉さんに筆おろししてもらう話です。アイスを使って本番をするというぶっ飛んだ内容でした。