PS4の格ゲー「FIGHTING EX LAYER」の感想

無料でβテストが出来るという事なのでやってみました。6キャラしか使えませんがオンライン対戦に対応しているのでゲーセンのロケテストのような感じで遊ぶことができます。

ストEXシリーズは1からやってたのですが、このEX LAYERは懐かしさを感じさせつつも新要素を取り入れて懐かしいだけじゃないゲームになっていました。インタビューで強調されている強氣システムは試合の展開に合わせてキャラの性能が上がっていくもので、投げキャラがスーパーアーマーを発動するとこちらの攻撃を食らいながら投げるというマヴカプのメガザンギのような恐ろしい事になっていました・・

 

・コマンドの簡略化

2D格ゲーといえばコマンドを出せるか出せないかでプレーヤーが篩にかけられるジャンルですが、本作の場合はレバー一方向+ボタンで必殺技が出せるようになるプログレッシブというシステムが導入されています。ゲームによっては初心者向けのシステムというのはデメリットが設定されていますが、今作の場合は全くデメリットがありません。波動拳コマンドどころか投げ技すら簡単に出せてしまうので、投げキャラのダランが物凄く強いです。従来のコマンドがいいプレーヤーはクラシックが用意されているので、これを選べばかつてのEXシリーズのような操作性を楽しむことができます。

 

チェーンコンボとダッシュ

これまでのEXシリーズと大幅に変わっているのはここで、弱→中→強とパンチとキックが繋がってチェーン中は必殺技でもキャンセル出来るようになっていました。強パンチ→強キックはキャンセルできなかったので全てが繋がるわけではないようです。チェーンの最後はしゃがみ大足で〆て起き攻めに移行するか、必殺技で〆た後は超必殺技でキャンセルする事で火力を出すかの選択はありますが、難しい事はなくコンボが簡単に組めるようになっています。

 

次にダッシュですが、3D格ゲーの鉄拳のような感覚で間合いを詰めてダッシュ攻撃からチェーンコンボに繋げる事が出来るので横からの攻めがとても強くなっています。ジャンプが遅く、緩い軌道なので2D格ゲーにしては性能が弱めに設定されているので、ダッシュからのラッシュが本作の肝になっていると感じました。歩きながら間合いを詰めていくスト2系や鋭いジャンプで攻めるKOFとは全く違ったゲーム性です。ヴァンパイアだとダッシュ攻撃からの繋ぎがシビアなのですが、本作の場合はそういう事がなく簡単なのでお手軽でした。

 

・起き攻め  

しゃがみ小足からのチェーンの固め、投げ、中段の読み合いがあります。中段は出が遅くガードされると反撃が確定しますが、ゲージがあると超必殺でキャンセルできるので当たれば高火力コンボです。中段からの超必殺の繋ぎはシビアなゲームもありますが、やはり本作では簡単になっています。ジャンプが弱く設定されているのでめくりは弱いかもしれません。起き攻めされる方の視点だと、昇竜拳から超必殺をキャンセルすることでぶっぱなしのリスクを軽減できるキャラもいるので、起き攻めが失敗すると手堅いダメージを受けるのが面白い所です。

 

・総括

コマンドの簡略化、コンボのお手軽さ、3D格ゲーのようなダッシュの横押し、ゲージが溜まりやすさが噛み合って他の格ゲーと被らない出来に仕上がってます。まだβテストなので調整はこれからだと思いますが、クラシックを選んだ場合のコマンドの入力が厳しくて出しにくいのは改善してほしい所です。

ミラクルニキ その2

ガール級の6-5まで進めたのですが、S評価を取る為のコーデを集める為に周回クリアでのコーデ獲得やショップでのコーデ購入で体力を使うのでこれまでの章よりも進むのが苦しくなってきています。プリンセス級も並行して進めてS評価を出し、周回クリアでコーデを獲得すればガール級を進めるのが楽になるという調整なのでよく考えられていると思います。

プリンセス級でS評価を取るにはコーデを充実させて付けれるものは付けないと高得点が出せないようになっているので、これまたショップ・衣装制作・ガチャで色々と消費するので頭を抱えました。プリンセス級は周回クリアが1日3回までで、それ以降はダイヤを消費しないとクリアが出来ないために、ダイヤをケチるとコーデを獲得する為の日数が掛かってしまします。

コインは4-2の周回プレイで得たコーデを売れば時間と日数さえ気にしなければ稼げますが、ダイヤは報酬以外だとイベントのプレゼントか課金で増やすしかないようなので、無課金で進めたい側としては辛い所です。

 コーデバトルではいちいちゼロから着せ替えないといけないのがネックで、シナリオとコロッセオをこなすだけでも時間がとても掛かってしまうのが暇つぶしと言えない感じです。セットコーデが1つしかセットできないのが問題なので、これがいくつもセット出来れば時間の節約になるとは思いますが・・・

ミラクルニキ

フォロワーから薦められてやってますが、ストーリーモードを進めないとコーデが集まらないのでS評価を取る為の作業と化しています。無課金でもコインは2-8をクイッククリアしてランダムで手に入るドレスとトップスを分解すれば稼げるので、体力(時間)をかければ何とかなりますが、シナリオを進める度にS評価を貰える為に必要なコインが嵩むので1日に進められる量が少なくなってきます。

 

ストーリーモードのガール級はオススメを参考にすれば頭使わなくてもクリアできますが、コロッセオだとヒントを見て自分で考えないといけなくなり点数を出すのが難しいです。攻略サイトを見ればいい話ではありますが・・・

 

ストーリーモードを進めてコロッセオもやっていれば、デイリーと達成度で報酬が貰えるので1日でガッツリ進めたいだとかレアなコーデが欲しいと考えなければ無課金でも長く遊べるのではないでしょうか。俺は派手なコーデより現実的でシンプルなエロさが好きなので、聖なる女医を目標コーデに設定してますがかなり先まで進めないとコーデが集まらないので1ヵ月以上かかりそうです。

快楽天2017年11月号の感想

f:id:BRAVIA40W900A:20171006210549j:plain

 

・犬

動物好きの男の子が同じ町内に住む犬好きのお姉さんの家に招かれたが、お姉さんにいきなり耳舐めされたり手コキされたりして嫌がるものの、お姉さんは男の子がスマホでお姉さんのパンツを隠し撮りしてたのを知ってたのでそれを弱みにそのまま筆おろしします。お姉さんが男の子に69を要求して挿入を許す流れが女性上位という感じです。終始男の子の独白が挟まれるのですが、男の子がお姉さんの事を好きになってるという文章の後にお姉さんが犬で他の男の子をおびき寄せて家に連れ込むようなコマで終わっています。つまりお姉さんは男の子なら誰でもいいという事を暗示させて快楽天らしい後味の悪さです。

 

・オトナあつかい

女の子が男2人に絡まれてる所を男の子が殴って助けてるような冒頭から始まって、助けたのは引っ越して疎遠になった知り合いのお姉さんだったという話です。お姉さんが男の子の家に来るのですが、男の子はお姉さんに対して思春期らしい恥じらいがあるのを強調する流れになっています。お姉さんが男の子を誘い受けする形で押し倒されるのですが、男の子は経験豊富な事を言って強がってもおっぱいを吸ったり入れる場所が分からなかったりで童貞という単語は出てこない上で童貞らしさが分かる感じです。お姉さんの表情は崩れないのに、男の子の表情が崩れていくので「負かされる」という女性上位的な印象が強くなっています。正常位、後背位、騎乗位、ちんぐり騎乗位とお姉さんが男の子を攻めてる構図が男の子の表情が見える形で描かれているので見応えがあります。男の子の髪型が逆立ててる形だったのに最後は崩れたり、お姉さんにおちんちんを掴まれて射精を強制的に止められた後でちんぐり騎乗位でイカされるオチは女性上位のまま玩ばれているという感じです。

 

・おとなへの手引き

村の風習で男子は女性から筆おろししてもらうという設定で話は始まりますが、男子は目隠ししてお互い喋ったらいけないという決まりなので、女性に気持ちよくされる男の子の独白で話が進んでいく作りにまっています。初っ端から女性が全裸で男の子がキスされたりフェラされたりするので、この女性が誰なのか読者には分からない感じになってますが、途中で2Pの回想が入るのでこの女性が幼馴染のお姉さんだというのが判明します。男の子が回想しながらお姉さんの名前を呼んでしまったので、そこから目隠しを取って騎乗位の流れになり途中でおっぱいを吸いながらの正常位、そしてだいしゅきホールドでフィニッシュする流れですが、こちらも男の子の表情が見える構図で描かれています。お姉さんのSっ気が強い前の2作に比べると相思相愛のいちゃらぶ要素があり優しい筆おろしという印象でした。

おねショタ

f:id:BRAVIA40W900A:20170922213908p:plain

おねショタという単語の起源は定かではないものの、この単語が流行ったのは艦これのサービスが開始された2013年頃なのがグーグルトレンドのデータとしてハッキリと分かります。Twitterで「愛宕はおねショタ向け」というツイートがRTされてるのを見てから、自分がおねショタという単語を認識しました。艦これ自体に男の子が出てくるわけではないので、おねショタものとして人気ではなく二次創作として流行った感じです。

 

おねショタは「お姉さん」と「ショタ」の略でしかないのでそれ以上の意味を含めるとややこしい事になりますが、基本的に身長差に興奮するジャンルだと思っています。お姉さんをお姉さんと感じる為には何が必要かと考えた場合、「姉萌え」「年上萌え」だとヒロインの設定を盛って魅力を感じさせるのですが、おねショタではお姉さんより年下で身長の低い男の子を並べたら説明がなくとも視覚的にお姉さんと実感できるわけです。

 

エロ漫画では巨乳で豊満な体型のヒロイン像が基本的に好まれるので、その対として竿役がショタというのは女体に小柄な男の子の体が包まれるという要素が強く、エロ的なジャンルとして視覚的に分かりやすくなっています。授乳手コキが爆発的に人気が出たのもジャンルの流行に一役買っているのではないでしょうか。ショタブーム、男の娘ブームの影響なのか、竿役として男の子のデザインの幅が以前よりも広がったのは重要な点です。一般的なエロ漫画だと竿役が誰であるかよりも「いちゃらぶ」「NTR」「凌辱」など内容が全面に押し出されるわけですが、おねショタの場合内容より竿役がショタである事を強調されるのでコアな「獣姦」「異種姦」に近い気はします。エロ漫画誌だと女性上位の筆下ろしが人気で凌辱や輪姦は数が減っているので、竿役にショタに拘る層ははそちらが好きなのかもしれません。

 

エロ漫画的なイメージが強いおねショタという単語ですが、単語が一般的に認知されたのか一般向け漫画の宣伝としても使われるようになってきました。エロ漫画家が描いた本番はないが男の子が受け身でエロ要素が強いもの、男の子の性格がキツい少女漫画・レディコミ系のものが一色たにされておねショタと括られるので混沌としていますが・・・一般向けは表紙でお姉さんと男の子が描かれる事が多く見つけやすくなってる感じです。