禁欲トレーニングコメディ「女神のスプリンター」

f:id:BRAVIA40W900A:20180419201604j:plain

1話が無料で読めます

 

ヒロインの裸が毎回のように出てくるのでいわゆるエロコメですが、本作は筋力トレーニングとオナニーを制限する「禁欲トレーニング」を両立するのがお題になっています。一般誌のエロコメは過激になっていて本番まで行くのもありますが、本作はあくまでも射精描写はあるけど本番は無しという事でエロ漫画誌では出来ない作風になっていて面白いです。

 

ストーリーは、男子高校生で陸上部に入っている浩太が自分の記録が伸び悩んでいるので、兄嫁でコーチの経験がある恭子に指導をお願いしたら住み込みで面倒を見てもらえる事になったが、恭子の推奨するトレーニング方法というのがテストステロンを高める為に性欲(射精)の管理をする・・・というもの。性欲が刺激されればテストステロン値は上がるが、射精すると落ちるので浩太は恭子の性的に過激なトレーニングを射精せずに耐えないといけないという生殺しになっています。浩太はテストステロン値を図る首輪を恭子に付けさせられたので、勝手に射精するとバレるという徹底ぶりです。

 

性的なトレーニングというのがエロなのかギャグなのかとても過激で、恭子が全裸でダンベルを上げるのを見て浩太がオナニー(1話)筋トレマシンのバタフライの下にベンチを置いて、浩太をベンチに寝かせほぼ恭子が騎乗位のように乗っかりバタフライマシンを使い股間を刺激するが射精してはいけない(2話)ほぼ全裸の恭子が浩太のトロフィーを使ってフェラ、パイズリのような動作を行いあたかも自分がされてるように想像して手を使わず股間のPC筋で射精しないといけない(3話)風呂場で2人とも全裸の状態で浩太は恭子にストレッチを毎日されるようになるが、射精してはいけない(4話)浩太が夢精しないように恭子と一緒に毎日寝る事になるが、夢精しそうになると首輪が鳴るので叩き起こされる(5話)とバリエーションが豊富で羨ましいようで羨ましくない絶妙なバランスになっています。

 

原作者の方はエロコメのベテランですが、作画の方がエロ漫画の単行本「いじらしいキミ」のあとがきで「男の子に感情移入してしまう」と書いていていました。本作でも恭子の鍛えられてエロい裸よりも、浩太の仕草や表情に目が行ってしまうので感情移入しやすいように力を入れてると感じました。

 

ストーリーの謎として、浩太の兄はなぜマラソン選手の道を捨てて恭子と海外出張という形で別居しているのか?というものがありますが、浩太に対する恭子のトレーニングのキツさを見てるとそれが原因なんじゃないかと薄々感じてしまうのですが、実際はどうなんでしょうね。

メイドのおしごと(快楽天2018年5月号)の感想

f:id:BRAVIA40W900A:20180404182439j:plain

メイドが御曹司の坊ちゃんに筆下ろしをする内容ですが、坊ちゃんは同級生の女の子が好きなので三角関係のようなやや複雑なストーリーになっています。冒頭3Pで坊ちゃんと女の子の学校生活をやってデートの約束を取り付けるものの、4P目からメイドがぼっちゃんを屋敷の中にあるラブホのSMルームみたいな所で拘束してSMプレイのような流れです。メイドはハイライトが全くないレイプ目で無表情なのが特徴で、一方的に坊ちゃんを敬語で言葉攻めしてくるのでヤンデレ的なキャラ付けです。ただの筆下ろしだと「されて嬉しい事」になるので、坊ちゃんは好きな女の子がいるのが筆下ろしを抵抗する理由になり、坊ちゃんが嫌がりつつもメイドに落とされ行く流れになっていました。

 

メイドが背後から手コキで坊ちゃんを勃起させてから騎乗位で挿入するわけですが、床は大きな円に六芒星が描かれていて、六芒星の頂点に合わせて蝋燭が立てられているので黒魔術のような雰囲気を醸し出しています。早くセックスを終わらせて同級生とデートしたい坊ちゃんはメイドを押し倒し、正常位でイカせようとするところで押し倒されたメイドの目にハイライトが描かれてまるで逆転されたかのように感じてますが、それは演技で坊ちゃんはメイドにバカにされるように果ててしまいます。坊ちゃんが果てると今度は足コキで再度逆転し、今度はメイドが同級生の女の子がオナニーしてるのを盗撮してタブレットで動画として流し坊ちゃんに見せつけるという精神的な揺さぶりをかけ騎乗位で圧し掛かるのですが、坊ちゃんは側位しながらおっぱいを吸いつつ射精してしまい、台詞がここから無くなりメイドに落とされてる感があります。

 

3回目になる騎乗位からのキス、メイドが上にくる松葉崩し、坊ちゃんがメイドのおっぱいに頭を埋める体勢からメイドが坊ちゃんの両ふとももの部分に蟹股で挟むだいしゅきホールドでフィニッシュするのですが、メイドのおっぱいに挟まれてるぼっちゃんのイキ顔は描かれてるのにメイドの表情はぼっちゃんの後ろ頭で大半が隠れて片目しか読者からは見えないという女性上位を強調した形になっています。オチである最後のページは、メイドにセックスでダメにされた坊ちゃんがスポーツも勉強もダメになってまたメイドに三角木馬でSMプレイされるというギャグに見えるような流れが4コマとして描かれており、同級生の女の子とデート出来ず堕落してしまった坊ちゃんの救いようの無さを感じました。

刀使ノ巫女が面白い

化物が人類を襲ってくるが戦えるのは刀を持った少女だけという、ありきたりな設定のオリジナルアニメで同じアニメスタジオの五組で言えば「結城友奈は勇者である」に近いと思っていたら、それは表面上のあらすじでしかなく内容は組織内で内部抗争して少女同士で殺し合うというフリージングまんまでした。

 

1話の冒頭で少女たちが高速道路のような所で暴れている巨大な化物を殺すシーンをやった後で、冒頭のシーンと全く関係ない主人公とその友人がトーナメント会場に行くシーンになり、トーナメント大会があっさりと決着がつく形で描け足で見せて決勝は主人公と黒髪ロングのキャラが戦う所で黒髪ロングは大会を観戦に来てた組織で一番偉い女を殺そうとしたが見切られ失敗、女の護衛である親衛隊に殺されそうになったので主人公が助けて2人仲良く逃亡する・・・という詰め込み過ぎて訳の分からない展開で、世界観やキャラの説明をすっ飛ばして視聴者置いてけぼりだったせいか、Twitterの公式アカウントが世界観とキャラの説明をして本編をフォローし視聴者離れを食い止めるという涙ぐましいものになっています。

 

2話以降のストーリーは主人公と黒髪ロングが追手と戦いながら逃げるという流れになっているのですが、黒髪ロングは暗殺失敗後の計画がないので主人公の友達や学園長が逃亡をフォローしているという類に例を見ない、全く予想でなきないものになっていき、回を重ねるごとに登場人物が増えていくので公式HPと公式Twitterのチェックは必要不可欠と言えるぐらい複雑怪奇です。

 

肝心の剣術バトルは「写シ」という技があり斬られてもエネルギー体のようなものが身代わりになって消滅するので、1回だけ斬られても大丈夫という設定があるのでグロ描写を避けるような形になっています。しかし一回斬られた後はどうするのかは個人差があるので写シを斬られても戦う、写シを斬られた後の相手を殺そうとするという展開になりますが邪魔が入って死人は出ていません。

 

実際の剣術を参考にして戦闘シーンを作っているとの事ですが、本作の戦闘シーンは瞬間移動・ハイジャンプ・殴る蹴るが当たり前なのでリアル志向とは正反対でチグハグなものになっています。戦闘シーンで手書きのセルアニメとCGモデルを使ったシーンがごっちゃになってるのも本作の特徴で、えとたまやマジンボーンのようにバトルは必ずCGというアニメに比べると違和感があります。剣術云々よりもいかに高速で近づいて相手を強い力で振り下ろした刀で斬る、もしくは吹き飛ばすかという戦いでしかないのでフリージングっぽいです。登場人物の強さに関する設定がやたら多いのが複雑さに拍車をかけており、目が真っ赤になるとより速くなるキャラ、人体改造を受けていて液体を体に注入すると化物を出せるキャラ、そして人体改造を受けてないのにキャラ紹介で一番早いとされているキャラの手を掴む主人公・・・と強さのインフレが何だかよく分からない事になっており、これに装備が加わるのでこれもまたフリージングみたいです。

 

2クールあるなら1話から段階を追ってキャラ紹介と世界観の説明をじっくりしていけばいいのに、スマホゲーとグッズの販促があるせいなのか1話からかっ飛ばしてるのが感じられて先が読めず今期で一番楽しいアニメに仕上がってると思います。

快楽天ビースト2018年3月号の感想

f:id:BRAVIA40W900A:20180221202314j:plain

本号は竿役1人・ヒロイン複数のハーレムと年上のお姉さんものが複数載ってるのでそこが特徴だと思います。

 

・ひみつのとっくん

女体育教師が童顔の男子生徒に告白されたが、巨根だったので筆下ろしして付き合ったという設定。最初はフェラだがフェラをしている女教師の色んなアングルが数ページに渡って描かれている。男子生徒が巨根の上に絶倫なので正常位と後背位でひたすら女教師が突かれてイカされた。男子生徒はセックスの時に正気を失うというキャラ付けなので、立場上の逆転はなくオチは笑いを取る感じ。

 

・隣のお姉さん

男の子の両親がマンションの隣に住むお姉さんから貰った旅行券で旅行に行くので、男の子がお姉さんの部屋にお泊りさせてもらう事になったという流れ。隣のお姉さんというキャラ付け自体は同作者の「幼馴染のオトシカタ」に似ているが、本作はお堅い所で働いているという事ぐらいで他はよくわからない設定になっている。男の子がお姉さんのおっぱいをチラチラ見てるのがお姉さんにバレて「おねだりしてみておっぱい見せてくださいって」と男の子の心を見透かしたかのように、お姉さんが言葉巧みに主導権を握って男の子のやりたいように誘導していく誘い受けの形になる。男の子が言われるがままおっぱいを吸って揉んでると、お姉さんに手コキをされるが寸止めされそれから騎乗位からの正常位でフィニッシュ。男の子が一回しか射精せず、お姉さんの表情がフィニッシュシーンぐらいしか崩れないので女性上位の印象が強筆おろしになっている。

 

・氷の白魔女

上記の2作品が筆おろしをしたという話になっているのに対して、本作は女養護教諭が30歳の処女でモテないという設定。先生が保健室のベッドで寝てるはずの男子生徒がオナニーしてる所を見つけてしまい、男子生徒は先生の事が好きだったとその場の勢いで告白したので付き合う。男子生徒が先生のおっぱいを揉みたいと言ったので言う事を聞く感じで胸を揉まれたり吸われたりするものの、男子生徒は勃起していたので先生はフェラをするが、射精で服が汚れたので女子生徒の制服に着替える。そして盛った男子生徒の押しされ正常位で処女喪失して後背位でフィニッシュ。女教師ものは筆おろしか凌辱のイメージが強いので、処女で流されるように破瓜するという展開は珍しい。

ミラクルニキ その3

・ストーリー

Sランクを取る為の衣装制作の要求が激しくなり、体力とコインを膨大に使う。プリンセス級のコーデを集める場合はダイヤを使わないなら日数が掛かる。カスタマイズの色変えでスターコインを大量に消費するようになってきたので、スターコインが切れると溜める為に日数が掛かりそうだ。ストーリーの内容はコーデバトルが終わるとぶつ切りで話が終わるのでサッパリ意味が分からない。

 

・コロシアム

対戦相手をチェンジして勝てる点数の相手を選べるというガバガバなシステムなので時間さえかければ勝てる。

 

・審議会

お題を見て人にウケるコーデを練らないと得点が入らなので低得点だと精神的に来るものがある。

 

・ギルド

面倒くさいのでやってない。